36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
  • facebookのリンク
  • twitterのリンク
  • LINEのリンク

電気代の節約術30選!月1万円以上電気代が安くなるポイントを紹介

2022-03-24 13:42:00更新

「電気代を節約したい」
「電気代を節約する具体的な方法が知りたい」

電気代の請求書を見て高いと感じつつも、季節的に仕方がないと諦めている方は多いはずです。

しかし電気代の節約方法を実践すれば、年間で10万円ほど電気代を安くすることができます。

本記事では電気代が高くなってしまう原因から、即効性のある電気代の節約術30選を紹介していきます。

具体的にいくら安くなるかについても解説していますので、電気代が高いと感じる方はぜひ最後までチェックしてみてください。

目次

家計の節約cta

電気代の平均額を世帯ごとに紹介

世帯 平均額
一人暮らし 5,791円
2人暮らし 10,393円
3人暮らし 11,125円
4人暮らし 14,513円

家計調査 家計収支編  e-Stat
電気代の平均額を調査したところ、2021年の電気料金は一人暮らしでは5,000円台後半なものの、2人暮らし以上では1万円を超える結果となりました。

世帯人数が増えるほど、1度に利用する家電や、待機電力が発生する家電が増えるので、電気代が高くなります

また複数の家電を一気に使ってもブレーカーが落ちないように、契約アンペアを大きなものへ変更していることも、世帯ごとに電気代が比例する要因です。


電気代が高い理由

電気代と家計簿の画像

電気の使い過ぎ

電気代が高い原因として1番に考えられるのが、電気の使いすぎです。電気の使用量が増えればそれだけ電気代も高くなってしまいます

とくにエアコンをよく使う夏と冬は、電気代が高騰しやすい季節です。エアコンの使い方を見直すだけで、電気代節約に大きな効果が見込めます。

電源プラグの繋ぎっぱなし

電化製品の電源プラグを繋ぎっぱなしにしていたことによる待機電力も、電気代が高騰する原因です。

待機電力は電気代全体の5%というデータがあるため、少しでも電気代を節約したいと考えている方は、こまめに電源プラグを抜くようにしましょう。

電気サービスの契約内容が最適でない

電気の契約内容が、現在の暮らしにあっていないと電気代が高くなります。例えば、引越した時に管理会社に勧められるがまま電気を契約してしまったという方は、地域電力などの高い電力会社を利用している可能性があります。

地域電力よりも、新電力の方が電気代が安くなる可能性が高いため、契約会社の切り替えかプラン変更をしましょう。

燃料調整費が高騰している

電気代が高くなる原因として、電力会社で定められている燃料調整費の高騰が挙げられます。燃料調整費とは、火力発電に使われる原料である石油や石炭の購入費に応じて消費者が負担する額のことです。

実は、石油や石炭の価格高騰を受け、燃料調整費は2021年の1月から15ヶ月連続で値上がりしています。15ヶ月前と比較し1,500円程度家計の負担が増えているのが現状です。

電気代を節約する方法

電気代の節約術(★:節約効果)
契約プランを
見直す
★★★★★
電気とガスを
セットにする
★★★★☆
契約アンペアを
見直す
★☆☆☆☆
家電ごとの
節約術を知る
★★☆☆☆
冬の暖房の使い方を知る
★★★☆☆
夏の冷房の使い方を知る
★★★☆☆
支払い方法で
電気代を見直す
★☆☆☆☆
オール電化の電気代節約を知る
★☆☆☆☆
ランタンを
併用する
★☆☆☆☆

電気代の節約術としてもっとも効果的なのは、契約電力会社の見直しを行うことです。大手地方電力から新電力に切り替えるだけで、電気代を年間2万円以上節約できる可能性があります。

そのほかにも消費電力の高い家電の使い方や、暖房と冷房の節約ポイントを知ることで電気代削減が可能です。今月の電気代が高い遠悩みの方は、まずは契約プランの見直しから行ってみましょう

契約プランを見直す

電気代を最も効率的に節約するなら、契約プランを見直すのがおすすめです。3人暮らしの場合、地域電力から新電力に切り替えるだけで年間2万円以上電気代を削減できます。

エアコンを我慢したり、こまめに照明を消さなくても、今まで通りの家電の使い方で電気代を削減できるのが魅力です。
 

世帯 おすすめ新電力
一人暮らし リミックスでんきのロゴLINE申し込み
二人暮らし以上 エネオスでんきのロゴ
LINE申し込み
オール電化 Looopでんきのロゴ
LINE申し込み

※リンクをクリックするとLINE申し込みに進みます。

電気とガスのセットプランを選ぶ

電気とガスをセットでまとめるのも電気代節約に効果的です。例えばLooopでんきでは、LooopでんきとLooopガスのセット契約で電気の従量料金を毎月2%節約することができます。

また、支払いも一本化されアプリで料金確認ができるので、毎月の光熱費が把握しやすくおすすめです。

電気とガスのセットプランがある企業
  1. Looopでんき
  2. 東京電力
  3. 東急でんき
  4. J:COMでんき

契約アンペアを見直す

電気代を節約するなら契約アンペアの見直しもおすすめです。契約アンペアは1度に使える電力量を指す数値で、10A(アンペア)〜60Aの中から選択することができます。

アンペア数が大きくなるにつれ電気代も高くなるため、契約アンペアを小さくすればおのずと電気代も安くなります。

 注意 
▶︎ 契約アンペア数を小さくすると、一度に使える電力量が少なくなるため、ブレーカーが落ちる可能性があがります。

一人暮らしであれば20〜30A、2人暮らしなら30〜40A、3人暮らし以上なら40A以上がおすすめです。

電気代が1番かかる家電はなに?

電気を一番使う
総合資源エネルギー調査会省エネルギー基準部会(第17回)参考資料1トップランナー基準の現状等について

電気代が最もかかる家電は冷蔵庫です。冷蔵庫は電源をつけっぱなしにする必要があるため、他の家電に比べて電気代が高額になります。

401~450Lクラスの冷蔵庫の場合、省エネ性能が高い優秀な冷蔵庫の1年あたりの電気代平均は5,873円ですが、省エネ性能の低い冷蔵庫の電気代平均は7,830円となっており、2,000円程度差があります。

冷蔵庫は5年以上使う家庭も多いため、買い替え時に省エネ性能の高さを意識して冷蔵庫を選ぶことをおすすめします。

エアコンでの電気代節約

エアコンの電気代節約

扇風機やサーキュレーターと併用しよう

エアコン代を節約するなら扇風機やサーキュレーターとの併用がおすすめです。サーキュレーターを使うと空気が循環され、素早く部屋を設定温度に調整することができます。

またサーキュレーターの電気代は1時間使っても0.5円程度です。エアコンの設定温度を1度変更すると月額1,500円程度電気代を削減できるため、サーキュレーターを活用して電気代の節約しましょう。

point
▶︎冷房も暖房エアコンの風向きは平行
エアコンの風は地面と平行にすることで、降りてきた風をサーキュレーターで巡回させることができます。

冷房は28度、暖房は20度に設定する

エアコン代を節約するなら設定温度の見直しも大切です。冷房の場合、温度を1度上げるだけで電気代は年間約6,000円削減でき、暖房なら温度を一度上げるだけで電気代を年間約4,800円削減ができます。

環境省によれば夏場の冷房なら28度、冬場の暖房なら20度をエアコンの適切な設定温度と推奨しているため、家のエアコンが何度に設定されているか見直してみましょう。

湿度調整をおこなう

エアコンの電気代を節約するなら、体感温度の調整のために湿度を意識するのが大切です。人間の体は、湿度が高い場合は体感温度が高いと感じ、湿度が低いと体感温度が低いと感じます。

湿度が10%上がると体感温度が1度変化するため、夏場は除湿機を使い、冬場は加湿器を使うなどして部屋の湿度調整をおこないましょう。

point
▶︎湿度は40〜60%に設定する
人が快適に過ごせる部屋の湿度は40%〜60%です。湿度が40%以下の場合は乾燥を感じやすく、湿度が60%以上だとじっとりとした不快感を感じやすくなります。

 

自動運転を利用しよう

エアコンを利用するときは、風力を自動運転にすることで電気代を節約できます。エアコンは室内温度を設定温度にするまでに最も電気代がかかります。そのためずっと弱風を使う場合、むしろ電気代が高くなってしまうのです。

自動運転にすれば部屋の温度を設定温度まで一気に調整し、その後は弱風に自動で切り替わるので節約効果が高くなります。


フィルター掃除をおこなう

エアコンの電気代を節約するためにエアコンのフィルターを掃除するのがおすすめです。フィルターに埃が詰まってしまうと、空気の通りが悪くなり、エアコンは必要な空気を取り込もうと過剰な電力を使ってしまいます。

経済産業省によると月2回エアコンのフィルター掃除をすることで、電気代を年間800円程度節約できます。フィルターを外し掃除機で埃を取るだけなので、普段の掃除と合わせてメンテナンスしましょう。

室外機の掃除をおこなう

エアコンの電気代を節約するために、室外機を1ヶ月〜2ヶ月に1度掃除をしましょう。室外機に汚れや埃が詰まると、排熱効率が落ちてしまい、消費電力が多くかかってしまいます

室外機の掃除は掃除機に細いアタッチメントをつけるか、歯ブラシで汚れを取るのが一般的です。古い室外機であれば業者に分解掃除をしてもらうと中まで一気に掃除してもらえるので、ぜひ依頼してみてください。

こまめなオンオフはNG

エアコンの電気代を安くするためには、電源を頻繁にオンオフをするのはおすすめできません。エアコンは室温を設定温度に調整するまでに最も消費電力がかかり、電気代が高くなってしまうからです

エアコンを使うときには、電源をつけっぱなしにして設定温度まで室温を調整したらあとは弱風に切り替えるようにしましょう。

夏より冬の電気代が高くなるのはなぜ?

夏より冬の電気代が高い原因
電気代が夏よりも冬の方が高いのは、冬の方が屋外と屋内の気温差が大きいからです。エアコンは、室内温度を設定温度までにするのが1番消費電力がかかります

夏よりも冬の方が気温差が多いため、電気代も高くなるのです。冬の電気代を安くしたい方は、部屋の暖かい空気をの逃さないために、断熱効果のあるカーテンや、断熱シールを窓に貼るようにしましょう。

冷蔵庫での電気代節約

冷蔵庫の電気代節約設定温度を変更する

冷蔵庫の電気代を節約するためには、冬場は冷蔵庫の設定温度を弱くするのがおすすめです。たとえば冷蔵庫を強から中にすることで、電気代を年間約1,600円節約できます

冷蔵庫内の温度は室温の影響を受けるので、冬であれば温度設定を弱か中に切り替えても食品に影響はありません。季節に合わせて設定温度を見直してみましょう。

冷蔵庫と壁に隙間をつくる

冷蔵庫の電気代を節約するには、冷蔵庫と壁に隙間をつくるのがポイントです。冷蔵庫と壁の間隔を3〜5センチ程度離すことで、電気代を年間1,200円程度削減できます。

冷蔵庫には放熱機能がついており、壁側に隙間がないと放熱がうまくいかず、余計な電力を使ってしまうので、冷蔵庫と壁の隙間を作るようにしましょう。

食品を詰め込み過ぎない

冷蔵庫の電気代を節約するために、冷蔵庫の中身をパンパンに詰めすぎないことが大切です。ものをたくさん詰めるほど冷却効果が下がり、冷蔵庫内の温度を下げようと過剰な電力が使われます

また、ものを詰めすぎると食品を探すのに冷蔵庫のドアを開ける時間が長くなるため、冷蔵庫内にはゆとりをもって食品を詰めるのが大切です。

扉の開閉時間と回数を減らそう

冷蔵庫の電気代を削減するには、冷蔵庫の扉の開閉時間と回数を減らしましょう。冷蔵庫のドアが開くと冷気が外に逃げ出し、冷蔵庫内の温度を下げるために過剰な電力が使われてしまいます。

電気代を削減するためにも、扉を開閉するときは食品を素早く取り出すことを意識するのがおすすめです。

照明による電気代節約

照明の

LED照明に切り替える

照明の電気代を節約するために、白熱灯からLED照明に切り替えることで、電気代を年間約2,500円削減できます。しかもLED照明の方が白熱灯より寿命が10年以上長いため、照明の購入費もカットでき一石二鳥です。

LED照明は一度買ってしまえば節約効果が長続きするため、まだLED照明に切り替えていない方はぜひ購入しましょう。

スマホ操作可能な電球に切り替える

照明の電気代を削減するには、スマホから操作が可能な照明を購入するのも手です。スマホから操作できる照明であれば、外出先から電気がついているか確認でき、その場で照明をオフにできます

使わない部屋の電気を消すのは当然ですが、スマホ操作できる照明であれば、外出先から照明の切り忘れ防止ができるので節約効果が高まります。

テレビによる電気代節約

テレビの電気代節約

テレビの電気代を削減する方法は、テレビに搭載された省エネモードを使うのがおすすめです。省エネモードにすることで画面の明るさを自動調整してくれたり、一定時間信号がないと自動消灯してくれます。

また、テレビ本体の主電源を切ることで待機電力を抑えることができるため、就寝時や外出の前はリモコンではなく主電源から切るようにしましょう。

洗濯機の電気代節約

洗濯を行う回数を少なくする

洗濯機の電気代を削減するために、洗濯する回数を減らすことは手軽に試せる節約術です。

同じ色合いの洋服はまとめて洗うようにしたり、洗濯ネットを使うことでまとめ洗いがしやすくなります。

洗濯物を満タンに詰め込まない

洗濯機の電気代を安くするために、まとめ荒いをすることは有効ですが、洗濯物をパンパンに詰め込むのはやめましょう。

洗濯機の8割以上洋服が入っていると、洗濯機を回すために過剰な電力が使われます。洗濯物を詰めすぎずにまとめ洗いをすることがポイントです。

冬は暖房器具の使い方を見直して電気代節約

エアコン暖房の節約

暖房器具の特徴を把握する

家電 メリット デメリット
エアコン 広い空間を満遍なく暖める 暖めるまでに時間がかかる
ファンヒーター 狭い空間を満遍なく暖める 暖めるまでに時間がかかる
ホット
カーペット
床だけ暖める 部屋全体は暖められない
電気毛布 自分の周りだけ暖める 部屋全体は暖められない
こたつ 自分の周りだけ暖める 部屋全体は暖められない
電気ストーブ 狭い空間を短時間で暖める 電気代が割高

冬場は暖房器具を利用するため、夏より電気代が高くなりがちです。そのため暖房器具の電気代を節約するためには、暖房器具ごとの特徴を把握することが大切になります。

例えばエアコンは部屋全体を暖めることができますが、暖めるまでに時間がかかるので、瞬時に暖まるホットカーペットやこたつとの併用をおこないましょう。

暖房器具の特徴を知っておくことで、無駄遣いすることなく冬の電気代を安くすることができます。

ホットカーペットの使い方を見直す

ホットカーペットの電気代を削減するためには、必要な面積だけ電源をオンにしたり、電力を弱にすることが大切です。

ホットカーペットの種類によっては、左右のみや中央のみというように暖める範囲を選択できたり、電力をこまかく調整できます。冬場の冷たい床で過ごすのは嫌だけど、電気代を節約したいという方におすすめです。

ヒーターを窓際に置く

冬の暖房代を節約するならヒーターの使い方を見直しするのがおすすめです。たとえばヒーターの電気代を削減するために、ヒーターを窓際に設置すると電気代節約につながります。

実は、部屋の暖められた空気のうち50%は窓から逃げていきます。そのためヒーターを窓際に設置すると、窓からの冷気を防ぐとともに部屋を温められるので、寒い冬でもヒーターの暖かい風が逃げることがありません。

電気毛布を活用する

電気代を節約するために電気毛布を使うのも手です。電気毛布は毎日8時間使ったとしても1ヶ月の電気代は約35円と安く、エアコンを使うのは電気代が気になるというときに重宝します。

エアコンは部屋全体を暖めることができますが、電気代が高い上に暖まるまでに時間がかかります。電気毛布ならすぐに体を温められるので、冬場は電気毛布を活用し、体感温度をあげるようにしましょう

こたつを取り入れる

冬の電気代を節約するために、こたつを取り入れるのもおすすめです。こたつは暖かい空気をテーブル内で循環させるため、少ない電力で体を暖かくすることができます

こたつの電気代は1日3円前後と安く、冬の暖房代を節約するにはうってつけです。エアコンを使いたくないという日は、こたつをつかってみるといいでしょう。

夏の冷房代の節約術

エアコンの設定温度は28度にする

夏場の電気代のほとんどを占めるのが、エアコンです。エアコンの冷房の電気代は設定温度を1度下げると、1ヶ月で1,000円程度割高になります。

またエアコンからでた冷気は下に溜まってしまうため、扇風機やサーキュレーターを活用して空気を循環させましょう。設定温度が高くても、冷たい空気が部屋中を巡るので快適に過ごすことができます。

すだれを取り付ける

夏の電気代を節約するために、窓にすだれをつけるのもおすすめです。すだれの隙間にできる空気の層が、室外の暑い空気を通しにくいため、室内が暑くならず涼しく過ごせます

すだれはさまざまな大きさが売られているので、賃貸でも取り付け可能です。賃貸ですだれを設置するときは、カーテンレールを利用するか、すだれ用のフックをホームセンターで購入するといいでしょう。

古い家電の買い替えで電気代節約 

 家電の買い替え

電気代を長期にわたって節約できるのが、家電の買い替えです。家電の省エネ性能は年々向上しており、とくに電気代がかかる冷蔵庫、照明、エアコン、洗濯機を買い換えることで電気代節約に効果があります。

冷蔵庫の買い替えで電気代を年間約10,000円削減

電気代の節約効果が大きい家電として代表的なのが冷蔵庫です。たとえば2003年製の冷蔵庫と2013年製の冷蔵庫では、消費電力は3分の1、電気代は年間10,800円程度安くなるよう設計されています

冷蔵庫の平均利用年数は12.6年なので、購入時には省エネ性能の高い冷蔵庫の購入することで、長期にわたって節約効果が見込めます。

照明の買い替えで電気代を年間約2,500円削減​​​​​

電気代を節約するために照明を見直すのも大切です。照明を白熱電球からLED電球に交換することで、電気代を年間2,538円節約することができます。

またLED電球は寿命が長く、白熱電球より10倍以上長持ちするので、一度購入してしまえば節約効果を長く保てます。

エアコンの買い替えで電気代を年間約3,000円削減

電気代を節約するなら、エアコンの買い替えもおすすめです。例えば2006年発売のエアコンと2021年製のエアコンでは、消エネ性能が向上したことで電気代を年間2,819円節約することができます。

エアコンの平均利用年数は14.1年なので、購入時には省エネ性能の高いエアコンを購入することで、電気代削減の効果が長続きします。

 
2006年から2021年製のエアコンに
買い替えた時の電気代
部屋 年間電気代削減額
6畳 約2,600円
8畳 約3,000円
10畳 約3,700円
12畳 約6,000円
14畳 約11,000円
20畳 約26,000円

洗濯機の買い替えで電気代を年間7,700円削減

電気代を節約するなら、洗濯機の買い替えもおすすめです。例えば2009年製の洗濯機と2021年製の洗濯機では、省エネ性能が向上したことで年間7,785円の電気代を節約することができます。

洗濯機の平均利用年数は10.2年なので、購入時には省エネ性能の高い洗濯機を購入しましょう。

日々の暮らしで取り入れられる電気代節約

電気の使用量をアプリでチェック

電気代の節約をするために、アプリで日々の電気の使い方をチェックしてみましょう。

契約している電力会社によっては、電力使用量を見える化してくれるアプリが用意されています。アプリでは、月毎や日毎、さらに時間ごとの電力使用量がグラフになっているので、電気の使いすぎがひとめで分かります。

断熱シートを窓に貼る

電気代を安くするなら、窓の断熱対策は重要です。部屋の中の空気のうち50%は窓から逃げていきますが、断熱シートを使うことで部屋を快適に保つことができます。

また隙間風対策にも有効なので、電気代の節約をしたいと考えているかたは、断熱シートをぜひ購入しましょう。ホームセンターで1,000円〜2,000円程度で買うことができます。

その他に電気代節約に効果があるグッズ
  1. 断熱効果のあるカーテン
  2. 冷感効果のあるベッドシーツ
  3. 冷蔵庫用のカーテン
  4. LED照明
  5. 人感センサー付きの照明
 

 

家電はコンセントから抜く

電気代の節約効果を高めるなら、家電を使わないときは電源をコンセントから切るようにしましょう。家電はスイッチを入れていなくても、コンセントを挿しているだけで待機電力として電気代がかかっています。

待機電力の割合は、電気代の5%を占めるという資源エネルギー庁のデータもあるため、とにかく電気代を安くしたい方は、家電の電源をコンセントから切ることをおすすめします。
 

待機電力が大きい家電ランキング
  1. ガス温水器:19%
  2. テレビ:10%
  3. エアコン:8%
  4. 電話機:8%
  5. レコーダー:6%
  6. 温水便座:5%
  7. パソコン:4%

オール電化の場合の電気代節約

オール電化住宅のイメージ

オール電化向け新電力を使う

オール電化で電気代を節約するのにもっとも効率的なのが、契約電力を新電力に切り替えることです。

地域電力のオール電化プランから新電力のオール電化プランにすることで、電気代を年間平均4,000円削減できます。またエアコンや照明の利用を我慢することなく今までの使い勝手のまま電気代が削減できるのが魅力です。

オール電化が安い新電力
  1. Looopでんき
  2. CDエナジーダイレクト
  3. HTBエナジー
  4. エルピオでんき

電気を使う時間帯を夜にする

オール電化の電気代節約を行うためには、家電を使う時間を夜間に集中させることが大切です。オール電化プランは一般的に夜間の料金が安く設定されているため、洗濯機や電気給湯器を夜に使うことで電気代を安くすることができます。

最近の家電はタイマー機能が付いているため、タイマー機能で家電の利用を夜にまとめて行うと、電気代節約につながります。

エコキュートは省エネモードで使う

オール電化の電気代を節約するためには、エコキュートの設定を省エネモードに設定します。

エコキュートの沸き上げ温度と量は自身で設定できますが、お湯切れやお湯余りを起こして電気代を無駄にしてしまうこともあるため、省エネモードで自動設定にしておく方が節約効果があります。

お風呂は追い焚きよりも足し湯にする

オール電化の電気代を節約するためには、お風呂の残り湯を温め直すよりも、新しくお湯を張るほうがお得です。一度冷めたお湯を再び温める場合、タンク内で冷たい水を循環させるため、タンク内の熱を保とうとお湯沸きが必要となり、電気代が高騰します

足し湯をすると水がもったいないと感じる方は、残り湯で洗濯をすることで水道代を無代にすることなく電気代削減ができます。

電気代節約にはランタンも効果的

ランタンの画像

電気代節約のアイテムとして注目されているのがランタンです。ランタンはLED電池や太陽光充電式で動くため照明代わりに使うことができます。

昼間の時間帯を自然光+ランタンにするだけで1ヶ月の電気代を約40%カットすることができるので、節約効果が大きい便利アイテムです。

ランタン選びのポイント
  1. LEDタイプを選ぶ
  2. LEDタイプを選ぶ
  3. 持ち運びしやすいタイプを選ぶ

世帯別の電気代節約術

世帯や住居をイメージする画像

一人暮らしの電気代節約

一人暮らしの電気代節約としておすすめなのが、新電力へのプラン変更です。一人暮らしの場合、もともとの使用電力量が少ないため、節電するだけでは電気代節約に大きな効果はありません

新電力に切り替えれば、請求先が変わるだけで今まで通りの家電を使い方のまま、最も効率的に電気代を安くできます。

>【LINE】一人暮らしにおすすめ「リミックスでんき」の申し込みはこちら

二人暮らし以上の電気代節約

二人暮らしの電気代節約としておすすめなのが、新電力へのプラン変更です。二人暮らし以上の場合、そもそも家電数が多いことや、家電が大きくなることによる消費電力の高さが電気代高騰の要因となっています。

家電の数や大きさを変えるのは生活に支障をきたす可能性が高いため、新電力へ変更し今まで通りの生活のまま電気代削減をおこないましょう。

>【LINE】二人暮らしにおすすめ「ENEOSでんき」の申し込みはこちら

電気代の節約ができる時間帯

時間帯をイメージした画像

電気代は夜間が安い

電気代が安いのはおおむね21時~翌8時までの夜間帯です。そのため家電のタイマー機能を使って、夜間の間に洗濯や炊事などの家電を使うことで電気代を安くすることができます。

夜が安くなるプランは「時間帯別電灯」と呼ばれ、東京電力や関西電力などの大手地方電力が取り扱っているのが特徴です。昼間は家で過ごす時間が短いという方におすすめです。

昼間に電気をよく使う場合

昼間に電気をよく使う家庭の場合は新電力の方が時間帯別電灯よりもおすすめです。時間帯別電灯は昼間の電気代が高く設定されているため、申し込むとかえって電気代が高くなってしまいます。
世帯 おすすめ新電力
一人暮らし リミックスでんきのロゴLINE申し込み
二人暮らし以上 エネオスでんきのロゴ
LINE申し込み
オール電化 Looopでんきのロゴ
LINE申し込み

家計の節約cta

まとめ


電気代を節約するのに最も手軽で効果があるのは、新電力への切り替えです。新電力に切り替えることで、使い勝手は変わらず電気代を年間2万円程度削減することができます

新電力の切り替えは、家計の節約のLINE申し込みがおすすめです。専任コンシェルジュが必要情報のヒアリングから申し込みまで代行してくれるので、手間なく新電力へ切り替えできます。

新電力にしたからといって停電しやすくなったり、解約金や違約金がかかることもありませんので、安心して切り替えができます。

≫まずはLINEで簡単質問!家計診断・相談


 

おすすめ記事

メール
せつ子の節約チャット
LINEでカンタン相談

節子の節約チャット