36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
  • facebookのリンク
  • twitterのリンク
  • LINEのリンク

電気代の節約術7選!1ヶ月で効果がでる方法はこれだ!

2021-10-07 15:01:51更新

電気代の請求書を見て高いと感じつつも季節的に仕方がないと諦めている方は多いでしょう。

しかし電気代の節約方法実践すれば、年間で10万円ほど電気代を安くすることが可能です。

本記事では電気代が高くなってしまう原因から、即効性のある電気代の節約術7つを紹介していきます。

電気代が高いと感じる方はぜひ最後までチェックしてみてください!

目次

電気代が高い理由

電気代と家計簿の画像

電気の使い過ぎ


電気代が高い原因としてイメージしやすいのが、電気の使用量でしょう。使い方を見直すだけで、電気代節約に大きな効果が見込めます。

電源プラグの繋ぎっぱなし


電化製品の電源プラグの繋ぎっぱなし(=待機電力)も電気代が上がる原因のひとつです。待機電力は電気代全体の5%というデータもあるため、侮れません。

電気サービスの契約内容が最適でない


無駄にアンペア数が高い場合や、そもそもの電気サービスの契約が生活スタイルに合っていないということも大きな原因として考えられるのです。

電気代を節約するためのポイント

節電をイメージしたイラスト

契約プランを見直す

手っ取り早く電気代を節約するには、契約プランやサービスを変更することです。現在は電力自由化により、様々なプランが展開されています。

夜型中心、オール電化向け、ガスとのセット割など、生活スタイルや使い方に最適なプランを探してまずは契約を見直してみるのが即効性の高い方法でしょう。

≫まずはLINEで簡単質問!家計診断・相談

 

電気の使い方を見直す


電気の使い方を見直すことも基本です。使っていない部屋の電気は必ず消す、一定時間使わない電化製品の電源プラグを抜くことなどもポイントになるでしょう。

また季節性ではあるものの、電気代を跳ね上げるエアコンの使い方にも注意したいところです。エアコンは小まめな電源オンオフはせず、自動運転を心がけましょう。

電気使用量を減らす


電気の使い方を見直す部分にも共通しますが、物理的な使用料を減らすことも単純かつ効果的です。無駄に電気をつけっぱなしをしていないか意識しましょう。

また、家電製品は年々進化しています。省エネ家電では電力使用量を抑える仕様にもなっているので、古い製品は買い替えるというのも即効性があるでしょう。

電化製品別の節電方法

電化製品のイラスト

エアコンでの電気代節約


夏と冬にはどの家庭でも電気代が高騰しやすくなります。その原因がエアコンによるものでしょう。しかし使い方を意識するだけで大きな変化が見込めます。

小まめな電源オンオフをしている場合は要注意です。エアコンで適温になったものの、消してしまうことで次に付ける際に再度電力を使うことになるからです。

エアコンは設定温度にするために一番電力を使う仕組みになっているため、基本的には自動運転で使うようにしましょう。

冷蔵庫での電気代節約


冷蔵庫では、温度を保つために多くの電気を使います。食材を詰め込みすぎたり、開けっ放しにすることで設定温度まで下げるために電気を余分に使うのです。

冷蔵庫には食材を入れすぎない、長時間開けっ放しにしない、暖かい状態のものを入れないという点を意識するようにしましょう。

庫内の設定温度見直し、庫内の清掃も節約に効果があります。冷蔵庫の買い替え時には、設置場所に隙間を設けて放熱できるようにすることも節約に繋がるでしょう。

照明による電気代節約


基本は使わない部屋の電気は消す認識でよいでしょう。しかし、電気を付けた瞬間がもっとも電気を使うため、あまりにも小まめな電気のオンオフは避けましょう。

明るすぎる照明も、電気使用量が多くなる原因のひとつです。部屋の明るさを調整して、適切な明るさで使うようにしましょう。

手っ取り早く電球の種類を変えることも即効性があります。蛍光灯や電球をLEDに変えることで、寿命が長くなります。省エネの電球を探してみるのもよいでしょう。

テレビ


総務省のデータによると、2017年のテレビ平均視聴時間は、平日約177分、休日241分としています。コロナ禍において、この数字は上がる可能性が高いでしょう。

普段あまり意識していない方が多いかもしれませんが、テレビを使わないときは、リモコンで画面を消すよりも主電源を消すほうが節約に効果的なのです。

また、機器によっては省エネモードや明るさ調整ができる場合もあるので細かいところでの調節も電気代節約に効果をもたらすでしょう。

※主電源を消す場合、一部の機能が使えなくなる場合もありますのでご注意ください

(参考:主なメディアの利用時間と行為者率 総務省HP)

場所別 節約術

世帯や住居をイメージする画像

アパートの電気代節約

アパートにはとくに単身で住む方が多いでしょう。総務省のデータによると、2020年の単身世帯の平均電気代は月5791円としています。

(参考:家計調査(家計収支編)調査結果 総務省統計局HP)

アパートにおける部屋の窓の配置やベランダの有無によっても夏は暑くなりやすく冬は寒くなりやすいため、エアコンによる電気代が高くなる場合もあるでしょう。

アパートでの電気代は、部屋の広さや同居人数によっても異なります。基本的な対策としては、各家電の使い方を意識して電気代の節約を行うようにしましょう。

戸建ての電気代節約

戸建ての電気代は、部屋数が多いこと、人数が多いことで電気代の高騰に繋がります。集合住宅よりも戸建てのほうが電気代が2,000円程度高いというデータも出ています。

部屋数や面積が広いからこそ、様々な節電方法が効果を発揮するはずなので、電球をLEDに変える、エアコンの自動運転などの細かい対策をそれぞれ徹底しましょう。

契約会社を変えることや太陽光発電を導入することでも電気代を根本的かつ継続的に抑えることができるため、検討してみるとよいでしょう。

(参考:「わが家の電気・ガス料金しらべ」報告書(5月分)日本生活共同組合連合会-経済産業省HP )

マンションの電気代節約

マンションでは、様々な世帯人数の方が住んでいます。そのため、マンション独自の節約というよりは、世帯人数に応じた電気代の節約方法を取るのがおすすめです。

単身の場合には徹底した節電を意識すること、二人以上の世帯では、全員が節電の意識を高めることが必要になってくるでしょう。
特にファミリータイプを中心とした部屋数の多いマンションについては、各部屋での電化製品、照明の使い過ぎには注意したいところです。

電気代の節約 時間帯編

時間帯をイメージした画像

電気代は夜間が安い?

一般的に、1日のなかで電気代が安くなるのは夜間の時間帯とされています。これは、1日のなかで電気の需要が低い時間帯として電気代も安く設定されるのです。

ただし、夜間の電気料金が安く設定されているのは専用プランの契約が前提となっています。基本的なプランでは適用されない料金なので注意しましょう。

夜間帯の電気料金が安いプランの場合、逆に日中の電気料金は通常よりも割高になります。そのため、日中でも電気を使う人のいる世帯は注意しましょう。

具体的にどの時間帯が安いのか

具体的な夜間における、時間帯ですが、地域の電力会社も新電力も22時以降にかけて安く設定されている傾向にあります。

東京電力では23時から安くなるプラン、21時から安くなるプランの種類があります。しかし他サービスでは23時以降や深夜1時からとするものもあります。

電気サービスによって定義が異なるため生活スタイルと対象時間帯、電気料金単価を踏まえて確認してみてください。

日中も夜間も電気を同等に使う場合

世帯のなかで日中も夜間も同等に電気を使う場合は、特定の時間が安いプランへの加入は避けたほうが良いでしょう。

1日を通して同等の電気を使う場合には、通常プランに加入する、新電力のなかで基本料金がかからずに重量料金が一律などのプランやサービスがおすすめです。

昨今はテレワークの浸透により、昼夜問わず自宅で過ごす方も多いでしょう。照明だけでなく様々な電化製品の使用を踏まえて時間帯の電気代を考えると安心です。

オール電化の場合の電気代節約

オール電化住宅のイメージ
オール電化住宅の場合、電気代の節約が家計の節約に直結します。なんとかして電気料金を節約したいと考えている方も多いでしょう。

オール電化の専用プラン向けにも時間帯による割引が適用されるプランもあります。実際の生活を踏まえて、現状プランが最適なのかを各院しみましょう。

とくに夜間帯の料金が安いため、電化製品の稼働を夜間にするなど工夫してみましょう。洗濯や炊飯などをすべて夜間帯にすると節約効果が見込めるはずです。

電気代の節約にはランタンも効果的?

ランタンの画像
今注目されているアイテムのひとつが「ランタン」。室内向けとしてはLED電池や太陽光充電式などで、照明代わりに使えるアイテムです。

ホームセンターなどでも購入することができますが、人気家電メーカーのバルミューダからもランタンが登場しています。

照明の代わりに、ランタンを使うことで大幅な電気代の節約につながるようです。とくに単身や世帯人数の少ないご家庭などは導入しやすいかもしれません。

電気代の契約見直し

プラン見直し

地域の電力会社でも新電力でも、複数のプランが展開されている場合は、ご家庭の生活スタイルとあっているものかどうかを確認しましょう。

契約会社を変えなくても、プランを変更することで大幅な節約につながる場合もあります。まずは時間帯による電気使用量とプランを確認しましょう。

契約アンペア

契約アンペアが大きすぎる場合は、無駄に基本料金が高くなっています。電気の使用量を確認したうえで、アンペアが最適なのかどうかを確認しましょう。

また、アンペアは一度に使える電力量なので、ご家庭において一度に使う電力を少なくする工夫もしてみることでアンペアを少なるすることもできるでしょう。

契約会社

電力自由化が解禁になって以降、様々な企業が電気サービスを展開しています。ご家庭に最適な新電力を使うことも、根本的な電気代節約に効果的です。

携帯キャリアが展開するものやガスとのセット割を行うサービスや単純に地域の電力会社よりも安い料金設定をしている新電力もあるため、チェックしてみましょう。

≫まずはLINEで簡単質問!家計診断・相談

まとめ

今回は電気代の節約について、即効性のある方法や根本的に効果がある方法をご紹介しました。

様々な方法を組み合わせることでさらに大きな節約効果が見込めるはずなのでお試しください。

当サイトでは、電気代の節約のために、ご家庭に最適な新電力の相談も受付中!ぜひ一度ご活用ください。

≫まずはLINEで簡単質問!家計診断・相談

 

おすすめ記事

メール
せつ子の節約チャット
LINEでカンタン相談

節子の節約チャット