36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
  • facebookのリンク
  • twitterのリンク
  • LINEのリンク

【2021年】暖房代の節約術!エアコンの温度や冬の電気代を抑えるテク7選

2021-12-10 19:38:33更新

冬になると活躍するエアコンの暖房機能ですが、電気代が高くなるのが心配と悩まれている方も多いでしょう。

実は冬の暖房代は、熱の冷房代よりも高額になることはご存知ですか?

本記事では暖房を節約するためのエアコンの正しい使い方や、コスパのいい暖房器具をわかりやすく解説していきます。

目次

30秒でわかる暖房の節約方法7選

  1. 新電力に切り替え
  2. 設定温度は20度
  3. 自動運転
  4. 下向き送風
  5. サーキュレーターを使う
  6. 加湿器を使う
  7. 隙間風対策をする
  8. 暖房はつけっぱなしがいい!

    あなたの電気代はいくら削減できる?新電力のご相談はこちら

暖房代の平均額

平均額 10月 11月 12月
¥9,570 ¥9,890 ¥9,070 ¥9,750
暖房をよく使う冬の平均電気代を調査したところ、2人暮らしの冬の電気代平均額は「9,570円」となりました。(出典:政府統計|「家計調査 1世帯当たり1か月間の収入と支出(二人以上の世帯)」)

とくに家で過ごすことが多くなった昨今では、エアコン暖房をつける時間も増えるため、さらに電気代が高額になることが見込まれます。

電気代は夏よりも冬が高い?

10月電気代 7月電気代
¥9,890 ¥8,307

暖房を使う冬の電気代は、冷房を使う夏よりも1,000円以上高額になります。電気代はつい夏場ばかりに気を取られがちですが、本当に気にするべきは冬なのです。


夏場といえばくらーを1日中使う家庭も多いかと思いますが、なぜ冬場の暖房代の方が高額になるのか見ていきましょう。

暖房代が高くなる要因


エアコンの電気代が最も高くなるのは、設定温度まで部屋の温度を変化させるときです。つまり部屋の温度と設定温度の差が大きいほど電気代は高くなります

設定温度が25℃の場合、夏よりも冬の方が外気温との差が大きいのでエアコンの電力はより多く消費されます。結果的に冬の方が電気代が高くなるというわけです。

暖房器具ごとの電気代比較


(画像引用:【2021年最新版】暖房費を節約するために知っておきたいコツとおすすめの方法

代表的な暖房器具の電気代を比較したところ、エアコンが最も電気代が安いことがわかります。またホットカーペットも電気代を抑えることが可能です。

オイルヒーターの電気代は?


オイルヒーターを1500(ワット)にした時の電気代は1日約364円となっており、エアコンよりも高くなります。

オイルヒーターを使うときはつけっぱなしにせず、時間を区切って使うか、設定温度を下げて使いましょう。
 

暖房代を節約する賢いエアコンの使い方

設定温度を見直す

暖房の設定温度は「20℃」がおすすめです。環境省によれば、設定温度を1℃下げるだけで消費電力を10%安くできるというデータもあります。

冬場はつい設定温度を27℃前後にしてしまうという方も多いでしょう。しかしサーキュレーターや加湿器を活用すれば20℃でも十分部屋を暖かくすることができます。

自動運転がおすすめ

エアコン暖房を使うときは自動運転がおすすめです。暖房代を気にして弱運転をしている場合、設定温度まで部屋を温めるのに時間がかかるため電気代が高くなります。

短時間ならつけたままがおすすめ

エアコンは電源を入れたままにした方が、こまめに何回も電源をオンオフするよりも、消費電力を抑えられます。

エアコンは設定温度まで部屋の温度を調整するまでが一番電力がかかるため、30分から1時間程度の外出ならば、つけたままにした方が電気代が安くなるのです。

フィルター掃除する

フィルターにゴミが溜まると、エアコンは必要以上にパワーを使ってしまいます。結果的に電気代が高くなるのです。

フィルター掃除というと面倒に感じる方も多いでしょう。そんな時は掃除機をかけたついでにエアコンフィルターを外して掃除機をかけるのがおすすめです。

暖房代を安くするテクニックはある?

新電力に乗り換える

暖房にかかる電気代を効率的に削減するなら、新電力への乗り換えが最もおすすめです。契約会社を切り替えるだけで年間1万円以上電気代を抑えることができます。

家計の節約では、1000件以上のお客様の電気代削減を実現した実績のもと、お客様にとって最もお得な電力会社をご提案します。お気軽にご相談ください。

あなたの電気代はいくら削減できる?新電力のご相談はこちら

 

サーキュレーターや扇風機を使う

暖房の暖かい風を効率的に部屋へ循環させるために、サーキュレーターや扇風機を使うことをおすすめします。

暖かい風は上に溜まる性質があるので、サーキュレーターを上へ向けることで、暖かい風が下へ降りてきて部屋を素早く温めることができます。

加湿器を使う

加湿器を使うことで部屋の暖房温度が低くても、体感温度を高くすることが可能です。例えば湿度が高い夏に、気温以上に暑く感じた経験がある方は多いでしょう。

部屋の湿度は40~60%にするのがおすすめです。60%以上の湿度では窓の結露が起こりやすく、カーテンにカビが生えやすくなってしまいます。

加湿器の種類

 
超音波式 超音波の振動を使い水を霧状にしてくれます。加湿できる空間は狭いため6畳ほどの部屋に向いています。
スチーム式(加熱式) ヒーターを使い加熱することで、水を気化にしてくれます。加湿力は最も高いもののヒーターを使うので電気代も最も高額です。
ハイブリッド式(加熱気化式) フィルターに水を浸し、温風を当てることで水を気化させます。気化させながら加湿します。温風を使うので電気代は高めです。
気化式 フィルターに水を浸し、自然風を当てることで水を気化させます。消費電力が少ないのが特徴です。
加湿力で選ぶなら、断然スキーム式がおすすめです。素早く広い空間を加湿でき、雑菌が繁殖しにくいことも人気の理由となっています。

電気代を重視するなら、気化式もしくは超音波式を選びましょう。スチーム式の10分の1程度の消費電力で動きます。この2つは6畳ほどの空間で使うのにおすすめです。

カーテンの長さを見直す

暖房の暖かい風が逃げないように、カーテンの長さを見直し断熱効果を高めるのもおすすめです。カーテンの長さは、窓全体を覆うくらいが理想的ですので調整してみましょう。

またカーテンを断熱効果の高いものに買い換えるのもいいでしょう。部屋の熱が逃げにくいのでさらに部屋を暖かくすることができますよ。

隙間風対策をする

暖房の熱が逃げないよう隙間風対策をすることも重要です。暖房の熱は、窓から56%が逃げていくと言われています。(参考:省エネルギー建材普及促進センター

暖房の隙間風対策としておすすめなのが「隙間風テープ」と「断熱シート」です。100円ショップで購入できるのでお試ししてみてはいかがでしょうか。

暖房の温度を1度下げるとどれくらい安くなる?


 

まとめ


暖房にかかる電気代を安くするなら、電力会社の変更が最も簡単です。契約会社を新電力に切り替えるだけで、使い勝手は変わらず電気代が安くなりますよ。

しかし新電力会社は今や100社以上あり、自分に最もあった電力会社を選ぶのは困難でしょう。そんな方は家計の節約にお気軽にご相談ください。

家計の節約では、ご家庭の使用電力会社や電気代から、いくら料金が削減できるかシュミレーションをしながら1番安い電力会社を紹介してくれます。

電気代を気にすることなく暖房を使いたいという方は今チャンスです。ぜひこの機会に電力会社の切り替えをしみてください。

あなたの電気代はいくら削減できる?新電力のご相談はこちら



 

おすすめ記事

メール
せつ子の節約チャット
LINEでカンタン相談

節子の節約チャット