36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
  • facebookのリンク
  • twitterのリンク
  • LINEのリンク

ガス代の節約術40選!今すぐできる料金を30%安くする方法

2022-03-22 22:07:14更新

「ガス代を節約したいけれどどこから始めればいいかわからない」
「ガス代の節約といっても、お風呂や洗い物の回数を減らすわけはいかないし...」

ガス代は毎月発生する費用ですが、月によって額が変動するため何が原因でガス代が高くなったのかわからないと悩んでいる方も多いでしょう。

本記事ではガス代の節約方法について、お風呂周りやキッチン、リビングなど場所に合わせた節約テクニックをご紹介していきます。

またプロパンガスと都市ガスの違いや、ガス代が高くなる要因についても解説していきますので、ガス代節約のヒントにしてください。

目次

【結論】ガス代節約にはガス会社変更が効果あり

ガス代を計算する主婦

ガスを節約するなら、契約会社を変更するのが最も効率的です。2017年からガスの自由化が始まったことで、ご家庭のガス会社を自由に選べるようになりました。

従来は東京電力や関西電力など地域ガス会社で契約するのが一般的でしたが、いまは安いガス会社が多く出揃っています。ガス会社の契約変更でキャッシュバックがもらえることもあるため、ガス代が急に高くなったと感じている方は、ガス会社の変更をしてみましょう。

 

ガス会社のお問い合わせはこちら!

ガス代の平均額はいくら?

平均をイメージした円グラフ画像

 

 都市ガスの平均額

世帯 ガス代平均額
一人暮らし 3,012円
二人暮らし 4,488円
三人暮らし 5,061円
四人暮らし 5,129円
(参考:家計調査年報(家計収支編)2019年(令和元年)総務省統計局HP)

都市ガスの平均額は一人暮らしで約3,000円、二人暮らしなら約4,500円、三人暮らしと四人暮らしでは約5,000円程度となっています。

居住人数に比例してガス代が高くなるのは、1度に使うガスの量とガスの時間が伸びるためです。

もし平均額よりも自宅のガス代が高い場合は、ガス代を削減できるチャンスです。ガス代の節約を行うことができれば、最大30%程度ガス代を抑えることができます

プロパンガス(LPガス)の平均額

世帯 ガス代平均額
一人暮らし 5,819円
二人暮らし 7,120円
三人暮らし 7,255円
四人暮らし 8,662円

(参考:家計調査年報(家計収支編)2019年(令和元年)総務省統計局HP)

プロパンガスの平均額は一人暮らしで約6,000円、二人暮らしと三人暮らしなら約7,000円、四人暮らしでは約8,600円程度となっています。

プロパンガスは都市ガスと比較して、1.8倍〜2倍ほど費用が高くなるのが特徴です。少しでもプロパンガスの費用を抑えたいという方は、契約会社の切り替えがおすすめです。

ガス代の仕組みを分かりやすく解説

  • ガス代=基本料金+従量料金(単位料金×ガス使用量(㎥))

ガス料金は、毎月必ず発生する基本料金と、使った分だけ発生する従量料金をかけた額で算出されます。

ガス代を下げるためには、ガス会社を変更して安い料金単価の会社を選ぶか、いかにガスを使う頻度を少なくできるかが鍵です。
参考:ガス料金/一般料金 選べる料金メニュー|東京ガス

プロパンガスと都市ガスの違い

  プロパン 都市ガス
主成分 プロパン メタン
特徴 常温で
液化できる
常温で
液化できない
供給方法 ボンベを
トラックで供給
地下のガス管
から供給

プロパンガス

プロパンガスとは、プロパン・ブタンなどを原料とした液化石油ガスを利用しています。

トラックで自宅までガスボンベを運ぶため、都市ガスよりも人件費やガソリン費が上乗せされているのが特徴です。

都市ガス

都市ガスとは、メタンを主成分とした液化天然ガスを使ったガスです。地下のガス管を通じて契約者宅にガスが送られています。

道路下のガス管を通って各家庭に供給されるのが特徴で、マンションやアパートなどの集合住宅で使われることが一般的です。

都市ガスとプロパンガスはどちらが高い?

プロパンガスは都市ガスに比較し、1.8倍〜2倍ガス代が高くなります

プロパンガスの方が高いのは、ガスボンベを自宅まで供給するのに、人件費や運搬費などの手間賃が上乗せされているからです。

契約変更によるガス代節約

ガス会社の変更でガス代節約になることを説明する図

ガス会社を切り替えると年間1万円以上節約

ガス代を節約する方法として最も効率的なのが、ガス会社の切り替えです。現在契約している東京ガスや関西ガスなどの大手地方ガスから、他のガス会社に契約を見直すことで、ガス代を年間1万円以上安くすることができます

ガス会社を選ぶときには、自宅のガス使用量に合わせることが大切です。ガス会社によって20㎥/月から安くなるタイプや、40㎥/月から安くなるというように、使用量によってガス代の削減額が異なります。

https://line.me/R/ti/p/%40192ahnak

電気とガスをまとめると年間7,000円節約 

ガス代を節約する方法として、電気とガスをまとめてセットプランにするという方法があります。たとえばLooopでんきの電気ガスセットプランにすると、二人暮らし〜三人暮らしであれば、年間7,660円お得です。

電気とガスのセットプランで料金がお得になりやすいのは、電力使用量の多い在宅勤務の一人暮らしの方や、ファミリー世帯が一般的です。そのため家で過ごす時間が朝晩しかないという方にはおすすめできません。

プロパンガスから都市ガスに切り替えで年間1万円以上節約

プロパンガスから都市ガスに切り替え工事をすることで、ガス代を最大50%程度抑えることができます。しかしプロパンガスから都市ガスの切り替え工事には平均15万円ほど費用が発生するうえに、賃貸やマンションでは不可能です。

切り替え工事には制限が多いものの、ガス代を半額程度に抑えられることを考えると、切り替え工事は長期的に見るとお得と言えます。

オール電化の家へ引越すと年間約5,000円節約

ガス代をとことん削減するなら、オール電化の物件に引越すという手段もあります。実はオール電化の家庭の光熱費と、電気ガスを別々に支払っている家庭では、オール電化の家庭の方が年間5,000円程度お得です。

電力会社の中にはオール電化向けの新電力プランを提供している「Looopでんき」や「九電みらいエナジー」もありますので、選択肢の一つとして考えてみましょう。

家庭 月額費用
オール電化 15,945円
電気+ガス 16,536円

シャワーによるガス代節約

シャワーによるガス代節約

シャワーを使う時間を短くすると年間約2,000円節約

シャワーを使う時間を短くすることができれば、水を温めるために使うガスの量が減り、ガス代の節約につながります。たとえば40℃のお湯が出るシャワーを使う時間を1分短くすることで、ガス代は年間2,128円安くなります。

シャンプーやトリートメントを使う時間や、体を洗っている時間など、こまめにシャワーを止めることでガス代の節約につながるため、気づいたらすぐ実施してみましょう。
 

一人暮らしならシャワー、二人以上は入浴がおすすめ

シャワーを17分以上使う家庭であれば、シャワーよりも湯船を張る方がガス代は安くなります。一人暮らしであればシャワーの時間が17分以下という方も多いでしょう。

しかし女性の場合、髪を洗ったりフェイスパックをしたりとシャワーでも時間はかかるものです。普段のシャワーの合計時間を考え、17分以上かかっている家庭は、湯船をはり、シャワー時間を短くするようにしましょう。

節水シャワーヘッドを使用すると年間約8,000円節約

ガス代節約のために節水シャワーヘッドを使うのもおすすめです。節水シャワーヘッドを使って、お湯の出る量を約50%カットできれば、ガス代は年間8,000円以上削減可能です。

節水シャワーは、水圧は変わらないままに水量を削減してくれるタイプを選ぶと、水圧が弱くてイライラするということがなく、ガス代を節約できます。

また、シャワーヘッドに水を止められるボタンがついているタイプを選べば、視界が悪いときでもすぐに水を止めることができるのでおすすめです。

(参考:無理のない省エネ節約 エネルギー資源庁HP)

風呂によるガス代節約

お風呂でできるガス代節約

追い焚きをやめると年間約6,000円節約

ガス代を節約するためには、追い焚きをやめることも大切です。たとえば追い焚きを1日1回減らせば、ガス代は年間6,190円節約できます。湯船の追い焚きをへらすためにも、家族の入浴時間はなるべく揃え、お湯が冷めないうちに家族全員の入浴が終わるようにしましょう。

家族の生活スタイルが異なり、入浴間隔を開いてしまうという家庭は、保温効果の高いお風呂の蓋を購入するのがおすすめです。コーナン社の「オリジナル シャッター式風呂フタ」は4時間で2度しか温度が変わらないためガス代節約にうってつけです。

お湯の温度を1度下げると年間約1,200円節約

ガス代を節約するために、お湯の温度を1度下げるだけでガス代は年間1,250円程度安くなります。もし、入浴時間は変わってないのに、ガス代が高くなったという方はお湯の温度を上げている可能性があります。

一般的にお風呂の設定温度は、42度と言われていますが、ガス代を少しでも下げたい方は、設定温度を41度や40度にしてみましょう。

お風呂の温度を下げない工夫をしよう

入浴中もお風呂の蓋を活用したり、換気扇を止めるとお風呂の温度を逃さず、長時間温かいお湯が保たれます。

追い焚きを減らすことでガス代節約にも効果的ですので、ぜひ試してみてください。
 

ためるお湯の量を少なくすると年間13,000円節約

ガス代を安くするために浴槽のお湯の量を少なくすれば、それだけガス代節約につながります

一般的な200Lの浴槽1杯をためるのにかかるガス代は、都市ガスの場合で約75.35円です。もしお湯の量を半分にすればガス代は約37円となり、年間13,870円の節約に効果があります。

お湯張りグッズを使う

自宅の湯船に自動お湯張り機能がない人は、一定の水量になるとお湯が止まるお湯張りグッズを買うことで、無駄にお湯を沸かす必要がなくガス代の節約につながります。

浴槽の内側に取り付けておくだけなので邪魔にならず、見た目もシンプルなので思い切って購入してみるといいでしょう。

料理でできるガス代節約

料理でできるガス代節約術を紹介する画像

食洗機を使うと年間8,500円節約

ガス代を節約するために、食洗機を使うのも効率的です。手洗いの場合、ガス代や水道代を含め光熱費は年間25,560円かかりますが、食洗機なら年間16,990円なので、8,570円の節約につながります

コンパクトな食洗機であれば、2〜3万円程度で購入できるので、長期的に考えると十分元を取れる価格です。ガス代節約だけでなく、家事の時短にもつながるため、思い切って購入してみてはいかがでしょうか。

食洗機の光熱費節約ポイント

  1. 扉を開けて余熱だけで乾燥させると電気代節約
  2. 食器が少なければ少量コースで電気代節約
  3. 洗剤を適量にすることで水道代節約

洗い物の水温を下げると年間約1,400円節約

ガス代を節約する方法として、洗い物時の水温を下げるのも効果的です。たとえば、水温を40℃から38℃に下げて1日2回洗い物をした場合、ガス代は1,430円安くなります。

ギトギトとした油汚れや、冬場の洗い物時には思わず熱湯を使いたくなりますが、いつもより水温を少し下げるだけでガス代は安くなりますよ。 

タライでつけおき洗いをすると年間1万円以上節約

ガス代を節約するなら、タライを使ってつけおき洗いを行いましょう。洗い物に使う水量を減らすことができるので、ガス代を年間1万円以上節約できます

東京水道局によれば、洗い物を40度のお湯で行う場合、お湯を流しっぱなしにするとガス代は月1,100円ほどかかりますが、つけ置き洗いなら月900円ほどに節約可能です

電子レンジを活用する


ガスコンロの使用時間を短くするために、電子レンジを使って野菜の下拵えをすると、ガス代節約に効果があります。

例えばジャガイモを柔らかくする場合、電子レンジなら5分程度で完了しますが、ガスコンロでは10分以上かかるため、電子レンジの方がお得です。

煮込み料理をするときは下処理は電子レンジで済ませてから、コンロを使うとガス代を節約できるので、調理の際に試してみてください。

ガスコンロの炎を弱くする

火力 1時間使ったときのガス代
弱火 約5円
中火 約22円
強火 約38円

ガス代を節約したいのであれば、調理中は強火よりも弱火を使うことで、ガス代が7分の1程度安くなります。

焼き目をつけるときや一気に火を通したいとき以外は、普段より火力を落として調理するとガス代節約につながります。

フライパンと鍋の大きさを見直す

ガスの火力を無駄にしないためには、炎が鍋の外枠からはみ出ないようにすることが大切です。鍋の外枠から炎がはみ出る場合、無駄なガスエネルギーが使われるため、ガス代が高くなってしまいます。

小さなフライパンや鍋で調理することでガスの通りが早くなるのではと考えがちですが、むしろガス代が高くなっている要因かもしれませんので、フライパンや鍋は底が広いものを使いましょう。

 

鍋底の水滴は必ず取る

ガス代を節約するために、鍋底の水滴をとってから火にかけるようにしましょう。鍋底に水滴がある場合、水滴を飛ばす必要があるため余計なガス代がかかってしまいます。

たかが水滴と思わず、乾いた布巾やキッチンペーパーで鍋底を拭いてからコンロを使うことをお勧めします。

 

鍋やフライパンには蓋をする

ガス代を節約する方法として、見落としがちなのが調理中の蓋の活用です。たとえば鍋で水を沸騰させるには、蓋をした方がエネルギー効率が良くガス代を節約することができます。

なお蓋の大きさは鍋の直径に合うものを選びましょう。サイズの合わない蓋を使うと、熱が逃げやすくなってしまうため注意してください。

鍋のお湯を再利用する

ガス代を節約するために、1度調理で使ったお湯を再利用するのもおすすめです。例えば野菜を茹でた汁を使って他の野菜を茹でるのも手でしょう。

2度お湯を沸かすよりも、1度使ったお湯が冷めないうちに他の料理に使う方がガス代節約につながります。

ガス代のかからない調理法を知る

ガス代は使えば使うほど高くなります。そのため煮物>蒸し物>炒め物の順でガス代がかかることを覚えておきましょう。

ガス代のかかる煮物料理を作るときは、電気圧力鍋を使ったり、下処理に電子レンジを使うことで調理時間を短縮してガス代を節約できます。

冷凍食材は解凍してから使う

ガス代を節約するために、冷凍の食材は解凍してから使うようにしましょう。冷凍の野菜やお肉はそのまま火にかけると、解凍のために無駄に火力が必要なためガス代が高くなってしまいます。

冷蔵庫での解凍時間がないときには、電子レンジの解凍モードを使うことで食材に熱を通しすぎず解凍することができます。

水は常温で保存する

ガス代を節約する手段として、調理でペットボトルの飲料水を使う家庭は、水を冷蔵庫で保存せず、常温で保存するのも効果的です。

ガス代は使えば使うだけ料金が高くなるので、冷水を沸騰させるよりも、常温の水を沸騰させた方がガス代を抑えることができます。

電気ケトルを使う

ガス代を節約するために、ガスコンロで水を沸かさずに電気ケトルを使うのも一つの手です。1リットルの水を沸かす場合、ティファールの電気ポットでは電気代は2.6円なのに対し、やかんを使う場合のガス代は3.36円かかります。

費用で考えると大きな差はありませんが、電気ケトルの場合、お湯が沸いたら自動でスイッチが切れるので、火の付けっ放しでガス代を無駄にすることなく節約できます。

少量なら揚げ物は家でやらない

ガス代のかかる調理方法として代表的なのが揚げ物です。揚げ物は大量の油を沸騰させるために、長時間にわたって強火を使うため、ガス代が高くなってしまいます。

揚げ物をする場合には、油の量を減らして揚げ焼きにすることで、ガス代を抑えながら調理することができます。

調理用品を工夫する

ガス代を節約するために、電気圧力鍋を使ったり、保温鍋を使うなど調理用品を見直すことも効果的です。たとえば時間のかかる煮込み料理も圧力鍋を使えば、半分程度の時間で作ることができます。

また保温鍋を使えば、料理をずっと暖かく保つことができるため、再加熱する必要がなくガス代の節約につながります。

炊飯器を活用する

ガスコンロを使わずに調理する方法として炊飯器があります。炊飯器は加熱と保温ができるため、ガスを一切使わずに調理することが可能です。

またご飯を炊くときも、ガスコンロで土鍋をつかってご飯を炊くよりも、炊飯器でご飯を炊く方が光熱費を抑えられますので、積極的に炊飯器を利用しましょう。

ガスコンロを掃除する

ガスコンロは定期的に掃除することでガス代の節約につながります。たとえば、ガスコンロのバーナーに汚れが詰まっている場合、ガス本来の出力が発揮できず、無駄にガス代がかかってしまいます。

ガスコンロを掃除するときには、火が出るガスバーナーの部分を、爪楊枝や竹串を使って目詰まりを取るようにするのがポイントです。ガスコンロの掃除は長期的なガス代の節約になると考え、月に1度でもいいので清掃しましょう。

リビングでのガス代の節約

リビングでできるガス代節約

ファンヒーターの温度を下げると年間1,300円節約

ガスファンヒーターを利用している家庭では、設定温度を1度下げるだけでガス代を節約することが可能です。たとえば設定温度を21度から20度に下げた場合、ガス代は年間約1,320円安くなります。

設定温度を下げても部屋を暖かくするために、断熱シートを窓に貼ったり、加湿器を炊いて体感温度を上げるなどの対策を併用するといいでしょう。

ガスファンヒーターをこまめに掃除する

ガスファンヒーターのガス代を節約したい家庭では、フィルター掃除が重要です。フィルター内部に埃が溜まるとストーブの動きが悪くなり、余計なガスを使ってしまいます。

温風の吹き出し口を乾いた布で拭いたり、背面にあるエアフィルターを取り外して掃除するのもおすすめです。月に1度ペースで清掃することでガス出力を効率化させることができます。

タイマーを使って付けっ放しを防止する

ガスストーブはつけっぱなしよりも、こまめに電源を消した方がガス代節約につながります。そのため部屋の温度が設定温度になったら、電源が切れるタイマー式のファンヒーターがおすすめです。

室温を保つために、窓に断熱材を張ったり、加湿器との併用を行うことでタイマーが切れているときも部屋を暖かくすることができます。

支払い方法でガス代節約

支払い方法をイメージするクレジットカードと口座の画像

ガス代の支払い方法をクレジットカード払いにすることでカードのポイントが貯められます。

例えば楽天ガスでは、楽天のクレジットカードで支払いすることで100円につき1ポイント楽天ポイントがたまります。貯まったポイントをガス代の支払いに当てることもできるので、ガス代金を下げたい人におすすめです。

契約タイプによるガス代節約

ガス代の節約には、最適なプランの選定も大きなポイントと言えます。自由化により、様々なサービスやプランが展開されています。

使い方に合わせたプランを契約することで、ガス代の節約効果も大きいはずです。まずはどのようなプランやサービスがあるのか探してみましょう。

お住まいのエリアや条件などで最適なガスサービスを探してみるとよいでしょう。最適なサービス選定はぜひ当サイトでお気軽にご相談ください!
≫LINEでまずは簡単質問で家計診断・相談 

世帯別ガス代節約

様々な世帯をイメージした画像

二人暮らしのガス代節約

世帯構成人数が多いほど、ガス代も高額になります。家族全員で、入浴、シャワー、洗い物での各ポイントを徹底しましょう。節約アイテム導入も効果的です。

また、複数人で暮らすからこそガス代節約は全員の意識が必要になります。手っ取り早く節約したいという場合にはプランや契約会社の変更を行いましょう。

≫LINEでまずは簡単質問で家計診断・相談

 

一人暮らしのガス代節約

一人暮らしのガス代節約は、ガス代の契約見直しをするのがおすすめです。ちょっとした我慢を続けてストレスが溜まるくらいなら、契約会社を切り替ええうだけで電気代が下がるガス自由化を行いましょう。

ガス会社を選ぶときには、自身の生活リズムやガスの使い方にあったプランを選ぶようにしましょう。

ガス代節約に関するよくある質問

ガス代は1分あたり何円になる?

1分 ガス代
弱火 0.08円
(1時間約5円)
中火 0.36円
(1時間約22円)
強火 0.36円
(1時間約38円)

ガス代の節約をするなら強火より弱火で調理して方が、使用されるガス量が少ないためお得です。

また電子レンジを併用することで調理時間を短縮し、ガス代を節約することもできます。

ガス代が高すぎるのはなぜ?

ガス代が高くなるのは、ガスの使用量が増えることが大きな原因です。とくに冬場の1〜2月は、湯船を利用する頻度や、お湯を利用する頻度が増えるためガス代が高くなります。

ガス代を安くするためには、ガス代の契約会社を変更するのが最も効率的です。お湯の設定温度を下げたり、コンロの利用時間を減らすなど日頃のガスの使い方を見直すことでさらにガス代を下げることができます。

ガス代が高くなるのは何月?

ガス代が高くなるのは1月〜2月の寒い季節です。お風呂を張る頻度や洗い物でお湯を使う頻度が上がることが主な原因となっています。

また給湯器の温度を夏よりも高く設定していることも要因の1つです。夏に比べて冬は世帯を問わず1,000円程度ガス代が安くなります

ガス代を節約するのに一番効果がある方法は?

ガス代を節約するのに1番効果があるのは、ガス会社を見直すことです。ガス会社を見直すことで、使い勝手は変わらずにガス代を1万円以上削減することができます。

どのガス会社にすればいいかわからない方は、家計の節約に相談することで、最も安いガス会社を知ることができますよ!

ガスの元栓を閉めるとガス代は節約につながる?

​​​ガスの元栓を閉めてもガス代の節約にはなりません。

ガス代では、電気代の待機電力のような費用は発生しないため、ガス栓も閉めても閉めなくてもガス代は変動しません

賃貸のアパートでもガス代を節約することはできる?

ガス代の節約は賃貸アパートでも問題なく実施できます。

賃貸物件でもガス会社の切り替えを行えるので、ガス会社を切り替えたからといって大家や管理会社に咎められることもありません

ガス代節約なら家計の節約のLINE相談がおすすめ

ガス代節約なら契約変更がおすすめ

ガス会社の選択肢をイメージしたイラスト

ガス代を節約するためには、ガス会社を切り替えるのがおすすめです

ガス会社を切り替えるだけで節約できるため、お風呂を我慢したり洗い物を水で行うなどの我慢をしなくてもガス代節約につながります

ガス会社選びをするなら、家庭のライフスタイルやガスの使用状況を踏まえることが特に重要です。自分にあったガス会社を選ぶことで、年間1万円以上ガス代を節約できます。

ガス会社の選び方は当サイト「家計の節約」にお任せください。LINEからご家庭に最適なガス会社のご提案を行っていますので、ぜひ一度お気軽にお問合せください!

≫LINEでまずは簡単質問で家計診断・相談

おすすめ記事

メール
せつ子の節約チャット
LINEでカンタン相談

節子の節約チャット