36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
  • facebookのリンク
  • twitterのリンク
  • LINEのリンク

ガス代の平均額はどれくらい?世帯別の相場とガス代を安くするコツが丸わかり!

2021-12-24 14:40:11更新

「ガス代が高いと感じる」
「自宅のガス代が平均額と比べて高いのか知りたい」

ガス代の平均額は1人暮らしなら3,000円程度、2人暮らし3人暮らしなら4,800円程度、4人暮らしなら5,000円程度です。

しかし世帯数だけでなく、季節や土地によってガス代は変動するため、ご自身のお住まいの条件に近いガス代平均と比較することが大切になってきます。

本記事ではガス代の平均額とガス代の節約方法についてお伝えしていきますので、参考にしてみてください。

目次

ガス代平均額はいくら?

平均をイメージした円グラフ画像
世帯  月額平均額
1人暮らし 3,012円
2人暮らし 4,852円
3人暮らし 5,061円
4人暮らし 5,129円

ガス代の平均は総務省統計局のデータによると、1人暮らしであれば3012円、2人暮らしで4,852円とされています。

ガス代は世帯数が増えるほど、お風呂を使う時間や調理にかかる時間が増えるため、ガス代も高くなります。

世帯構成の人数にもよりますが、この平均額よりも高いか安いかを一度確認してみましょう。高い場合は、ガス代の節約の大きなチャンスです。

(参考:家計調査年報(家計収支編)2019年(令和元年)総務省統計局HP)
 

1人暮らしの季節ごとのガス代平均​​(2021年最新)

 
時期 平均額
2020年10月〜12月 2,533円
2021年1~3月 3,333円
2021年4~6月 3,155円
2021年7~9月 2,380円
(参考:家計調査 / 家計収支編 総世帯
一人暮らしのガス代平均は3012円です。とりわけ1〜3月の寒い時期はお風呂に入る時間が延びることでガス代が高くなりがちです。

また洗い物時に水温が低いことで、お湯を使うためガス代が高くなるという家庭も多いでしょう。

2人暮らしの季節ごとのガス代平均(2021年最新)

時期 平均額
2020年10月〜12月 3,549円
2021年1~3月 5,745円
2021年4~6月 4,908円
2021年7~9月 3,215円
(参考:家計調査 / 家計収支編 総世帯
一人暮らしのガス代平均は4852円です。とりわけ1〜3月の寒い時期はお風呂に入る時間が延びることでガス代が高くなりがちです。

また洗い物時に水温が低いことで、お湯を使うためガス代が高くなるという家庭も多いでしょう。

2人暮らしの場合、一人暮らしの時よりもガスを使う頻度が増えるのが、ガス代が高くなる原因です。
 

3人暮らしの季節ごとのガス代平均 (2021年最新)

時期 平均額
2020年10月〜12月 4,194円
2021年1~3月 5,550円
2021年4~6月 3,824円
2021年7~9月 9,772円
(参考:家計調査 / 家計収支編 総世帯
三人暮らしの電気代平均は5061円です。 とりわけ1〜3月の寒い時期はお風呂に入る時間が延びることでガス代が高くなりがちです。

また洗い物時に水温が低いことで、お湯を使うためガス代が高くなるという家庭も多いでしょう。

3人暮らしの場合、子供がいる家庭も多く、お風呂に入る時間が伸びたり、体を冷やさないよう床暖を使う家庭も多いでしょう。

地域別のガス代平均

地域 ガス代
北海道 4,047円
東北 4,208円
関東 5,394円
北陸 4,388円
東海 5,295円
近畿 4,971円
中国 3,845円
四国 3,383円
九州 4,217円
沖縄 3,936円
(参考:家計調査 / 家計収支編 総世帯
ガス代平均を地域別に比較したところ、関東が最も高く、南へ行くほどガス代が安くなっていることがわかります。

関東がガス代が高いのは、北海道や東北などの冬が厳しい地域と比べて、家の防寒設備が甘いためでしょう。

北海道では寒さ対策のため2重窓を採用している家庭も多いものの、関東ではほとんど見受けられません。

そのため北海道よりも関東の方がガス代が高いという結果になるのです。

プロパンガスは都市ガスよりガス代が高い

世帯人数 プロパンガス世帯の
平均ガス代
家計調査の平均ガス代
1人暮らし 5,819円 3,012円
2人暮らし 5,819円 4,488円
3人暮らし 7,255円 5,061円
4人暮らし 8,662円 5,129円
ガス代の平均額はプロパンガスを使うか都市ガスを使うかで大きく異なります。

プロパンガスの方が輸送費や人件費が嵩むため、都市ガスよりもガス代が高くなりがちです。

入居人数の少ない3階建て以下のアパートや戸建ての場合は、プロパンガスが使われることが多いため、自宅でプロパンを使っているか確認してみましょう。

プロパンガスと都市ガスの違い



​​​​​​
  1. ガスの種類が違う
  2. ガスの供給方法が違う
  3. 対応するガス器具が違う

ガスの種類が違う

プロパンガスと都市ガスでは、ガスの成分に違いがあります。

プロパンガスがプロパンやブタンと呼ばれる液化石油ガスを使う一方、都市ガスはメタンが主成分の天然液化ガスです。

ガスの供給方法が違う

プロパンガスと都市ガスでは、自宅にガスが届くまでの供給方法に違いがあります。

プロパンガスはガスボンベにガスを詰めてトラックで、ボンベごと自宅に届くのに対し、都市ガスは地下にあるガス管を通ってガスが供給されます。

対応するガス器具が違う

プロパンガスと都市ガスでは、使われているガス器具にも違いがあります。

給湯器などのガス機器をラベルをチェックすると必ず、プロパン用か都市ガス用の表記があるためチェックしてみましょう。

都市ガスとプロパンガスはどちらが高い?



プロパンガスは都市ガスに比較し、1.8倍〜2倍ガス代が高くなります。

プロパンガスの場合、ガスボンベを自宅まで共有するのに人件費や運搬費がかかるため、都市ガスよりも手間賃が上乗せされています。

引っ越してから急にガス代が高くなったという方は、都市ガスからプロパンガスに変わった可能性があります。

プロパンガスか都市ガスかの見分け方

 
  1. ガスボンベが設置されているか確認
  2. ガス機器のラベルを確認
  3. ガス警報器の位置で確認

ガスボンベが設置されているか確認


プロパンガスか都市ガスかを最も簡単に見分けられるのが、自宅の外にガスボンベが取り付けられているか確認することです。

ガスボンベが取り付けられていれば間違いなくプロパンガスです。

集合住宅の場合、建物から離れた位置に取り付けられていることがあるためわかりにくい可能性もあります。

ガス機器のラベルを確認


プロパンガスか都市ガスか見分ける方法として、自宅内にある給湯器やガス機器を確認する方法があります。

ガス機器には必ず、プロパン対応かガス機器対応かラベル表記されていますので確認してみてください。

ガス警報器の位置で確認


プロパンガスか都市ガスか見分ける方法として、自宅内のガス警報機の取り付け位置で判断する方法もあります。

都市ガスは天井近くに設置されるのに対し、プロパンガスは床近くに設置されるので確認してみてください。

ガス代は1分あたり何円になる?

1分 ガス代
弱火 0.08円
(1時間約5円)
中火 0.36円
(1時間約22円)
強火 0.36円
(1時間約38円)
ガス代の節約をするなら強火より弱火で調理して方が、使用されるガス量が少ないためお得です。

また電子レンジを併用することで調理時間を短縮し、ガス代を節約することもできます。

調理に応じて、ガスの火力を変更することでガス代の節約に繋がります。

シャワーによるガス代節約

シャワーのイメージ

シャワーは多くのお湯を使うことになります。経済産業省エネルギー資源庁によると、家族4人が4分シャワーを使うと浴槽1杯と同等になるとしています。

45℃のお湯が出るシャワーを1分短くすることで、年間2070円もの節約になるとしています。これをご家族全員が意識することでさらに大きな節約になるでしょう。

節水のシャワーヘッドを使い、物理的に水量を減らすことでガス代を節約することにも繋がります。節水意識と物理的な対策アイテムの併用がおすすめです。

(参考:無理のない省エネ節約 エネルギー資源庁HP)

風呂によるガス代節約

シャワーをイメージする浴室

浴槽で入浴する場合も多くのガスを使用することになります。浴槽に水をためて追い炊きするよりも、最初からお湯を沸かすほうが省エネになるということです。

ご家族の生活スタイルが異なる場合、入浴間隔を開けないということは難しい場合もありますが追い炊きには多くのガスを使うということを覚えておきましょう。

設定温度が高いほど多くのガスを使います。お湯がたまることで体感では予想以上に熱いということもあるので、設定温度を上げすぎずに貯めるようにしましょう。


風呂によるガス代節約まとめ
  • 追い焚き回数を減らす
  • 溜める水量を減らす
  • 設定温度を低くする

料理でできるガス代節約

料理でガスを使う女性

基本的に料理をする際にも多くのガスを使用します。熱調理するものの多くでガスを使用しているといっても過言ではありません。

熱調理の前に、下茹でなどをあらかじめ電子レンジで行うなどに変えること、お湯を沸かす際も給湯器からのお湯を沸かすことなども節約に繋がります。

ガスコンロを使う際には鍋などをコンロに乗せた状態で着火すること、鍋底から火がはみ出さない程度の火力にすることも、ガスを無駄使いしないポイントです。

料理でできるガス代節約まとめ
・電子レンジを使う
・調理方法の見直しを行う
・給湯器の設定温度を見直しを行う

洗い物でガス代節約

洗い物で使うガスの給湯器

食器を洗う際に注意したいのが設定温度です。給湯器温度を2℃程下げることでも、年間1430円の節約になります。
※水温20℃、給湯器設定温度40→38℃に変更した場合

お湯を出しっぱなしせず、こまめに止めることやため洗いをするようにしましょう。汚れた食器を事前にふき取っておくことも水量節約、ガス代節約になります。

鍋やフライパンは水滴を乾かしてからコンロ調理するようにしましょう。濡れた状態で着火することで、水分を蒸発させることにもガスを使用することになります。

(参考:無理のない省エネ節約 エネルギー資源庁HP)

支払い方法でガス代節約

支払い方法をイメージするクレジットカードと口座の画像
ガス代の支払いについてもちょっとした節約が可能です。クレジットカード払いにすることでカードのポイントが貯められます。

契約会社によっては、口座引き落としでも一律〇円の割引が適用されるものもあるため、どの支払い方法が一番お得なのか確認してみましょう。

契約タイプによるガス代節約


ガス代の節約には、最適なプランの選定も大きなポイントと言えます。自由化により、様々なサービスやプランが展開されています。

使い方に合わせたプランを契約することで、ガス代の節約効果も大きいはずです。まずはどのようなプランやサービスがあるのか探してみましょう。

お住まいのエリアや条件などで最適なガスサービスを探してみるとよいでしょう。最適なサービス選定はぜひ当サイトでお気軽にご相談ください!
≫LINEでまずは簡単質問で家計診断・相談

世帯別ガス代節約

様々な世帯をイメージした画像

二人以上世帯のガス代節約



世帯構成人数が多いほど、ガス代も高額になります。家族全員で、入浴、シャワー、洗い物での各ポイントを徹底しましょう。節約アイテム導入も効果的です。

また、複数人で暮らすからこそガス代節約は全員の意識が必要になります。手っ取り早く節約したいという場合にはプランや契約会社の変更をまずは行いましょう。

≫LINEでまずは簡単質問で家計診断・相談

単身世帯のガス代節約


ご自身一人での生活の場合は、意識を変えることで大きな効果が見込めます。日頃から給湯器の設定温度、洗い物字の注意点、シャワーの使い方を徹底しましょう。

単身でも、ガス会社の契約見直しは重要なポイントです。ご自身の生活リズムやガスの使い方にあったプランを選ぶという点も、ガス代の節約に役立つでしょう。

ガス代節約なら契約変更がおすすめ

ガス会社の選択肢をイメージしたイラスト

電力自由化に続き、今ではガスの契約会社も選択できるようになっています。契約会社によっては大きな違いが出る場合もあるでしょう。

ご家庭のライフスタイルやガスの使用状況を踏まえて、もっともお得になるようなガス会社を選んでみるのも、ガス代節約には効果が期待できるでしょう。

「家計の節約」では、ガス代の節約に関するサポートを行っています。ご家庭に最適なガス会社のご提案も行っていますのでぜひ一度お気軽にお問合せください!

≫LINEでまずは簡単質問で家計診断・相談

»web問い合わせ:ガス会社のお問い合わせはこちら!

まとめ

ガス代の平均額は、世帯数や家電の使用時間によって変動します。

ガス代を根本から安くするなら契約ガス会社の変更が効率的です。

家計の節約では地域やライフスタイルに合わせて、最適なガス会社を診断することができます。

LINEから無料で相談できるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

世帯ごとのおすすめ新電力をLINEで無料診断

おすすめ記事

メール
せつ子の節約チャット
LINEでカンタン相談

節子の節約チャット