36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
  • facebookのリンク
  • twitterのリンク
  • LINEのリンク

セサミロック4を徹底レビュー!セサミ3との違いは?スマートロックが気になる人は買って損なし!

2021-11-30 11:53:49更新

セサミ4が我が家に届いたので、取り付け手順や、実際の使用感をレビューしていきます。

「セサミ4が気になるけれど使いやすいのか気になる」「セサミ4とセサミ3で迷っている」

という方はぜひ参考にしてみてください。

目次

【結論】セサミ4は買い!コスパ最強のスマートロック!

セサミロック

(画像引用:セサミ公式)
セサミ4はコストパフォーマンスの良さと対応している鍵の種類が豊富なスマートロックです。

現在4種類発売されているセサミシリーズの中で最も安く、4,980円で購入することができます

セサミ4の取り付けは付属の両面テープでできるので、ドアに穴を開ける心配がなく、賃貸でも使えます。
歴代セサミシリーズ 料金
セサミ4 4,980円
セサミ3 5,800円
セサミmini 9,800円
セサミ1 14,800円

セサミ4の購入はこちら

セサミ4の購入にかかった値段

合計 8,610円
セサミ4 4,980円
Wi-Fiモジュール 2,980円
NFCタグ 650円

Wi-Fiモジュールとは



セサミ4を外出先で操作するために必要にな機器です。

自宅のWi-FiにWi-Fiモジュールを取り付けると、インターネットを通じてセサミを操作できるようになります。

Wi-Fiモジュールがあれば、外出先から鍵の開け閉めができるので、鍵の閉め忘れによる不安から解放されます

Wi-Fiモジュールを無料で購入する方法(数量限定)

NFCタグとは

NFCタグ
(画像引用:セサミ公式

NFCタグはセサミ4を取り付けたドアに設置するシールです。

NFCタグを設置することで、セサミ4の専用アプリを開かなくても、スマホやアップルウォッチをセサミ4にかざすだけで鍵が解錠/施錠します

鍵の開け閉めを簡単にしたい、アプリを開くのが面倒に感じるという方は購入をおすすめします。
 

【実証】セサミ4を自宅に取り付けてみた


セサミ4を取り付けている図
 
セサミ4の同梱物
  • セサミ本体
  • 高さ調節用金属パーツ
  • 高さ調節用ネジ
  • 取り付け用シール(3Mシール)2枚
  • 設置説明書
  • ドライバー
  • WiFiモジュール(別購入品)

セサミ4の取り付け手順

 セサミの取り付けている様子
(画像引用:セサミ公式

1.電源を入れる

セサミ本体上部の電池蓋をスライドして外し、絶縁シートを抜き、セサミ4の電源を入れる。電源が入ると、青いランプが点滅するので、それで電源が入っているかを確認する。

2.セサミ4を裏にする

セサミ本体裏側の回転軸と、鍵の回転が合うか確かめる。3Mシールをはがさないよう注意してください。

3.取り付け前に設置テストをする

サムターンにセサミを被せてみて、セサミのツマミを回し、鍵の開け閉めが出来るかどうか確認する。3Mシールをはがさないよう注意してください。

4.高さ調整を行う

セサミ本体をサムターンに被せた状態で、ドア面にセサミの背面が付くように、高さ調節用金属パーツをセサミに取り付ける。

高さが合わない場合

サムターンの厚さに合っていなかったりして上手く回らない場合、サムターンに合うよう、サムターンパーツの内側のネジ4箇所を外し、サムターンの厚さに合うように調節する。

5.設置完了


セサミ本体裏の3Mシールをはがして、サムターンに合うように被せ、ドア面に30秒~1分程度押し付けけば設置完了!

セサミ4を取り付けるときの注意点

セサミロックを取り付けている図
 

セサミ4の調節ネジはかなり小さく紛失しやすくなっています。

もし失くしてしまうと、セサミの公式サイトで、ネジのみ再購入する必要があるのでネジの取り扱いに注意しましょう。

セサミ4と専用アプリの連携手順


(画像引用:セサミアプリ公式

セサミ4をスマホで使うために専用アプリをインストールしましょう。
 

インストールしたらBluetoothを許可し、セサミのメイン画面の右上の「+」から、新規デバイスを選択します。

スマホの近くにセサミ4があれば、スマホ画面にセサミ4が自動表示されます。

セサミ4とWiFiモジュールの連携方法


セサミ専用アプリを起動し、右上の「+」から新規デバイスを選択します。

さらに「WiFiモジュール」をクリックし自宅のWiFiのSSIDを選択します。

WiFiのパスワードを入力し、接続するセサミを選べば連携完了です。


セサミ4の購入はこちら

セサミ4を徹底レビュー

セサミロックをスマホ施錠している(画像引用:セサミロック公式
 

気軽に購入できる


スマートロックの中でもセサミ4は、コストパフォーマンスの良さが特徴です。

他社のスマートロックが1万円を越えるものが多い中、セサミ4は4,980円で購入できます。

また歴代セサミロックシリーズの中でも最も安いので、まずはスマートロックを試してみたいという方におすすめす。

 

日本中の鍵に対応


セサミ4は日本にある9種類の鍵に対応しています。

そのため購入後に「鍵の形が合わず取り付けられなかった」と後悔することはありません。

万が一、鍵の形が合わなかったときは、専用ホームページから依頼すれば3Dプリンターでスマートロックを特注してくれるので安心です。

手ぶらで鍵を開け閉めできる

セサミ4は、別売りのNFCタグ(650円)というシールをドアに貼り付けることで、スマホアプリを起動させなくて、近づくだけで鍵の解錠が可能です。

ドアの前でアプリを起動させるのにもたもたすることがないため、両手が塞がっているときや急いでいるときに便利です。

QRコードで簡単に鍵のシェア

セサミ4では1人がセサミ専用アプリをインストールしていれば、QRコードで周囲へ鍵を簡単にシェアすることができます

わざわざセサミの専用アプリをインストールする手間がないので、従来よりも手軽にスマートロックを使えるはずです。

ウィジェットから鍵の開閉が可能に

セサミ4ではNFCタグを取り付けていれば、専用アプリを起動しなくてもスマホのウィジェットから鍵の開け閉めができます。

またスマートウォッチからの操作にも対応しているので、ポケットからスマホを取り出さなくても、時計をかざすだけで鍵が開閉可能です。

セサミボットの連携がすごい

セサミ4に別売りのセサミボットと連携することで、ドアの解錠だけでなく、部屋のスイッチもスマホで行えるようになります。

たとえばマンションのオートロックの開錠も、自分の部屋のインターホンを押すことで解錠可能です。

セサミ4の購入はこちら

正直レビュー!セサミ4の良かった点悪かった点

2の選択肢を見つめている女性

正直レビュー!セサミ4の良かった点

 
  • 慌てて家を出ても、後から鍵を閉めることができる。
  • 家に付く前に鍵を開けられるので、ドアの前でモタモタしない。
  • Bluetoothの範囲に近づいたら自動で解錠してくれる。
  • 鍵を忘れたときやスマホの充電が無くなったときに、鍵を共有している別ユーザーに遠隔で鍵を開けてもらえる。
  • アプリで本体の電池残量が確認できる。
  • アプリで鍵の開閉状況を確認できる。

正直レビュー!セサミ4の悪かった点

 
  • アプリがシンプルすぎて分かりにくい
  • セサミ本体の色が黒しかない
  • 取り付け調整ネジが小さすぎる
  • 設置説明書のほとんどが絵なので細かい手順が分かり辛かった
 
セサミ4の設置にとまどった方は「セサミ4 設置方法」で検索するのがおすすめです。
 

セサミ4とセサミ3の違い

  セサミ4 セサミ3
料金
4980円

5,800円
充電持ち
550日

500日
故障のしにくさ
構造がシンプルで壊れにくい

構造が複雑で壊れやすい

セサミ4とセサミ3の大きな違いはコストパフォーマンスです。

セサミ4とセサミ3では1,000円ほどセサミ4の方が安く、ボディもモーターや材質が改良されています。

モーターが小さくシンプルになったことで充電持ちが良くなり、故障しにくくなりました。

セサミ4とセサミ3で購入を迷っている方は、断然セサミ4がおすすめです。

セサミ4とセサミminiの違い

  セサミ4 セサミmini
料金
4980円

9800円
スマホ登録
無制限

1台まで
使いやすさ
スマホをかざすだけでOK

アプリの起動が必要


セサミ4とセサミminiの1番の違いは価格です。セサミminiは9800円でしたが、セサミ4は4980円と半額となっています

またセサミminiはスマホを1台まで登録できませんでしたが、セサミ4では無制限にスマホを登録できるようになりました。

セサミ4はアプリをインストールしてセサミ4とスマホを連携させるだけで、スマホが鍵になるので、合鍵を作る手間や費用がかかりません。

これからスマートロックを購入する方は、セサミ4が断然おすすめです。

セサミ4はおすすめな人

家族の笑顔

家族で暮らしている人

セサミ4を使えば、ドアの近くに近づくだけで鍵が自動で開くので、子供を抱っこしていても安心です。

また鍵の開閉記録がスマホに残るので、子どもの帰宅時間が確認できます。

外出先で鍵を閉めたか不安になる人

セサミ4では外出先から鍵の施錠状況を確認することができます。

もし外出先で鍵が開いていることに気づけば、スマホからアプリを操作して鍵を施錠できるので、わざわざ家まで戻る必要がありません。

鍵を閉めたか不安で外出先から家に戻った経験がある方はぜひ使ってみてください。

まとめ

家と鍵の画像

セサミ4を購入して一番便利だと感じたのは、手ぶらで鍵を開閉できることです。ドアに近づくだけで、自動で鍵が開くのは本当に便利だと感じました。

両手がふさがっていると鍵を取り出すのが大変ですが、セサミ4を設置してからは、鍵を出す手間が0になりました。

またセサミ4は、アプリに鍵の開閉時間が記録されているので、子どもが帰ってきた時間を仕事先から確認できるのも便利です。

スマートロックに興味がある方は、ぜひこの機会に購入してみてください!

セサミ4の購入はこちら

 

おすすめ記事

メール
せつ子の節約チャット
LINEでカンタン相談