36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
  • facebookのリンク
  • twitterのリンク
  • LINEのリンク

節約したいなら保険の見直しを! 保険料を節約するポイントとは

2021-09-06 16:14:39更新

家計の節約を考えた時に、代表的な見直すべき項目として挙げられるのが、もしもの時の備えとして加入している「保険」です。

しかし、とくに医療保険や生命保険は一度加入すると、意識しないとなかなか見直す機会がありません。

そこで今回は、保険の見直すことで家計の節約につなげるために、ポイントをおさえた保険料を節約する方法を解説いたします。

目次

保険の見直しが節約になる理由

現在のライフスタイルに合わせられる

一度加入するとなかなか見直す機会の少ない保険ですが、ライフステージや環境の変化で、求められる保障内容は異なります。

家族の将来なども視野に、保障内容を最適化しながら定期的に見直すことで、現状に見合った節約につなげることができます。

 

多様化する保険会社

現在、国内で生命保険会社免許を取得している企業は40社以上存在し、種類や特徴、内容も多種多様です。

最近では従来にはなかった「ネット保険」も増えており、保険料自体も安く設定されていますので、切り替えることで節約につながります。

 

保障内容を変えずに保険料が安くなる場合も

保障内容は過不足がないため現状を維持したいけれど、毎月の保険料が負担になっているというケースもあるでしょう。

その場合は、保障内容は変えずに、支払い期間を変えるなど、払い方を変更をすることで、毎月の家計負担を減らせる可能性があります。

 

保障内容が最新のものになる場合も

保険は、時代の社会情勢などが反映されており、例えば、かつては長期入院が前提だったがん保険は、通院給付がある商品が主流となっています。

昔に加入した保険は、その当時の事情に合わせた保障内容になっているので、見直すことで現代の事情に沿ったものになるかもしれません。
 

保険の加入自体が節約につながる

月々の保険料が高いから、保険に加入しないという方もいるでしょう。しかし、実際に予期せぬ事態で予想以上のお金が必要になることもあります。

ケースによっては、貯金だけでは足りなくなります。万が一に備える保険は、加入していたほうが節約になることも多いのです。

また、保険の種類によっては「生命保険料控除」や「医療保険料控除」などがあり、所得税や住民税が安くなり税金を節約することができます。

保険の見直しをするタイミング

誕生日が近くなったら

生命保険の保険料は年齢の影響を受けるため、誕生日の前は、乗り換えを検討するのに良い時期です。

見直す際は、年齢が上がる誕生日を迎える前に乗り換えておけば、新しい保険の保険料を抑えて加入することができます。

 

契約の更新が近づいたら

定期型の保険に加入している場合、満期が近づくと、保険会社からお知らせがくるでしょう。その際は、保障内容を見直すいい機会です。

さまざまな商品が保険会社から販売されており、新商品の登場や商品改定が行われているので、一括で比較するのも良いでしょう。

 

ライフステージが変化した時

就職した時

就職したばかりの今まで保険を検討する機会が無かった新社会人にとっては何から手を付けていいか分からないかも知れません。

就職したときに加入を検討すべき保険は、医療保険と就業不能保険、さらに最低限の死亡保険をかけておくと安心でしょう。
 

結婚した時

結婚をすると、保険の役割や目的は自分を守るものから家族を守るものに変化します。専業主婦と共働きによっても検討する内容が変わります。

将来のための積立として新たな保険「個人年金保険」「低解約返戻金型終身保険など」への加入を検討するのも良いでしょう。
 

出産した時

子どもが出来た時に重要になるのは、将来の子供の学費と、親に万が一の事があったときの生活費用です。

守るべき家族が増えるタイミングで、今加入している保険を全体的に手厚いものに見直すことをおすすめします。
 

住宅購入時

人生で一番大きい買い物として住宅の購入が挙げられます。マイホームの購入というライフイベントは、保険を見直すタイミングのひとつです。

住宅ローンを組む際は、自動的に「団体信用生命保険」へ加入しますが、死亡保険をかけている場合は重複するものを削るなどの考慮が必要です。
 

子供の独立

子育て期は、万が一に備えて子どもに負担がかからないよう手厚い保険に加入しているケースも多いでしょう。

全体的に保障をコンパクトに抑えたり、健康状態によって内容が左右される医療保険やがん保険などの見直しも必要になるでしょう。

保険を見直すポイント


 

必要な保障が備わっているか

生命保険の保障内容を見直す際に大事なのは、必要な保障は何かを改めて確認し、加入している保険に必要な保障が備わっているかどうかです。

万が一に必要な生活費や教育資金、一生涯の保障を備えられる終身保険など、早期に見直すことで家計の負担も抑えられる可能性があります。

 

保険料は家計に無理のない金額か

保障内容は必要性に見合っていても、保険料の支払いが家計を圧迫するほどであれば、継続していくことは難しくなります。

同じ保障金額を確保しつつ保険料負担を軽減できるよう、払込期間を長めにしたり、掛け捨て部分の割合を見直してみてはいかがでしょうか。
 

保障額が万が一の際に十分か

必要な保障を備えているつもりでも、万が一の保障金額に不足があればいざという時に経済的に困ります。

ライフステージに合わせて、また将来を見据えて、保障額は適正であるか定期的にチェックすることが大切です。

 

解約返戻金でいくら戻ってくるか

保険の種類によっては、解約時に解約返戻金がほとんどなかったり、あっても既払込保険料を大きく下回る場合があります。

保険料と解約返戻金のバランスが重要です。見直し方法は、主契約部分だけを継続させたり、新たな保険に加入し直すことも考えましょう。
 

保険金の受取り人は適切か

保険の受取人には、契約者、被保険者、保険金受取り人の三者が存在しますが、それぞれの関係性に応じて贈与税がかかる場合があります。

独身時代に加入したまま見直しをしていない場合は、受取人が親になったまま継続されているケースも多いので、見直し時に確認しましょう。

保険を見直すデメリットはほとんどない!

保険を適切に見直すことができればデメリットはほぼありません。しかし、最適な見直しをしなければ乗り換え時に損をすることになります。

たとえば、貯蓄性のある保険では、解約返戻金が元本割れに注意する必要があったり、加入した時点の予定利率が下がってしまうケースなどです。

保障内容をよく理解して選ばないと、現状に合っていなかったり、乗り換えで保険料が上がる場合があることを認識しましょう。


保険の見直しは疑問を感じた今がチャンス!

今回は、保険の見直しのタイミングや保険料を節約するポイントを解説しました。この機会に保険の節約も考えてみてはいかがでしょうか。

保険は入りっぱなしにしておくと、いつの間にか今の自分に合わない保険になってしまっていることがあります。

家計の節約では、保険料の節約に関するサポートを行っています。ご家庭に最適なご提案も行っていますのでぜひ一度お気軽にお問合せください!

おすすめ記事

メール
せつ子の節約チャット
LINEでカンタン相談

節子の節約チャット