36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
36歳女性 4人家族 電気とガスのセット割に申し込んだら、光熱費が毎月約3,000円節約できました。43歳男性 3人家族 妻と私の保険料を見直しました。同様のサービスなのに15%も保険料が安くなりました。27歳女性 一人暮らし テレワークで通信費がかさんでいたので相談。スマホとネットの乗り換えで毎月約5,000円も安く!32歳男性 3人家族 前よりも動画を見るようになったため、プラン変更を検討。前より安く上位のプランに変更できた。
  • facebookのリンク
  • twitterのリンク
  • LINEのリンク

楽しく節約するには?続けられるおすすめ節約術

2021-09-06 16:11:54更新

節約は家計のやりくりに欠かせない重要な主婦のスキルですが、無理や我慢することが大きいと節約は続きません。

節約を達成しながら生活を継続するためには、節約自体をストレスなく楽しめるようにすることが成功への大きな第一歩になります。

今回は、楽しく節約を続けるために、節約自体を楽しむコツや、おすすめ節約方法をご紹介いたします。

目次

「節約」の本来の意味

節約の一般的なイメージは、好きなものを我慢したり、貧乏くさい、お金に困っている人がすることだと考える方も多いのではないでしょうか。

節約の本来の意味は「無駄を省いて、費用を切り詰めること」と広辞苑に記載されています。つまり、無駄な支出をなくすことです。

辛くてたくさん我慢を強いられることが節約ではありません。無駄な支出を無くすことを楽しめたら、節約が実現できると考えていきましょう。

節約を楽しむ方法

目標を見える化する

節約が趣味というタイプでない限り、明確な目標もなく節約を続けることは難しく、苦痛に感じがちです。

たとえば貯金であれば、欲しいものを紙やデータ化して目に見える形にし、達成したら手に入るイメージを具体化することをおすすめします。

 

自分自身にプチご褒美をあげる

節約はダイエットと似ていて、我慢ばかりでは長く続けることはできません。ストレスになって衝動買いが増えてしまう危険もあります。

そんな時は、たまに頑張っている自分へのご褒美として、気持ちが明るく前向きになるプチご褒美をあげてモチベーションを維持しましょう。

 

無料で楽しめるものを見つける

何かを楽しむにはお金がかかるものばかりではありません。音楽や動画、コスメのサンプル、無料イベントなど探すと意外にあるものです。

無料で楽しめるものを発見するのは、喜びやお得感を感じることができます。徐々に楽しい気持ちで心が満たされていくことを実感するでしょう。

楽しく節約できる人の特徴

出費にメリハリをつけている

節約を長く続けるにはメリハリも重要です。息抜きをするときは、ご褒美の予算を決めて楽しむことが大切です。

その時、使ってしまった分を取り返すために節約をする羽目にならないよう、節約して浮いた分で楽しむことで、今後のやる気にもつながります。
 

節約仲間との交流や情報共有

節約について情報を発信している人は多いので、SNSなどを使って節約仲間を見つけるのも、モチベーションの維持につながります。

情報を公開したり共有することで、目標達成にむけてやる気がアップします。また、新たな節約法や自分にあった方法を見つけられるでしょう。

 

ストレスなく節約する方法を考える

節約を継続させるには、いかにストレスなく続けられる方法を模索することが大切です。強制や義務感では苦しくなり継続できまません。

たとえば、レシピアプリを活用し、時短テクニックやノウハウを習得するなど一石二鳥になるような、節約を楽しく感じることが大切です。

 

節約を意識しすぎない

節約上手な人は、節約をあまり意識しすぎません。節約に疲れないように、楽しんで節約できる自分流の方法を確立させています。

節約を意識しすぎず、自然と節約につながる生活サイクルなので、いつも節約のことで頭がいっぱいという状態ではないのです。
 

自由に使えるお金を持つ

節約で重要なことは「継続」です。追い込みすぎるとすぐに挫折してしまいますので、気持ちにもお金にも余裕を持たせることが必要です。

自由に使えるお金の予算を組んでおくことで、目標達成時に使ったり、繰り越して少し大きな出費に使うのも良いでしょう。

 

節約しながら投資をする

近年では投資の知識や経験がなくても簡単に始められる投資スタイルが増え、また少額で始められるサービスが人気を集めています。

たとえば、アプリを使って、普段の買い物で出たおつりを投資に回したり、ポイントを投資に運用するなどゲーム感覚で楽しむ人も増えています。

楽しく家計管理できる節約術

「固定費」を見直す

毎月必ずかかる「水道光熱費」「保険料」「車や住宅のローン」などの固定費は、見直すだけで大きな差が出ます。

切り替え手続きに面倒さを感じるかもしれませんが、固定費は一度見直すと継続しますので、一度、一括で見直しをすることをおすすめします。
 

インターネット通信費を見直す

自宅のインターネット回線の契約が、導入当初のままのプランから変更していない場合は、使用頻度に対して余計に払っている可能性があります。

現在は、セット割やお得になるプロバイダーなど様々なサービスが登場していますので、この機会に当サイト「家計の節約」をご活用ください!

 

クレジットカード払いでポイントを貯める

クレジットカードの世帯の月平均利用額は約6万円というデータが出ています。1%還元でポイントを貯めれば年間7,000円以上お得になります。

水道光熱費などの固定費や外食費をカード決済にしたり、ポイント還元率の高いメインのカードに絞って利用していくのも賢い節約術でしょう。

 

買い物の回数を減らす

買い物に出かける回数が多いと「セール品」「季節限定品」などに気を取られ、予定外の出費につながります。

買い物に行く回数を決め、エコバックの大きさも一度に入る分だけなど、マイルールを決めるのも良いでしょう。

 

生命保険の保障内容を確認する

生命保険の見直しは、ライフステージに合わせて、何度見直しても良いでしょう。万が一に備えすぎているケースも多いのです。

現在の家庭状況にに見合っているか、保障をつけすぎていないか、重複していないかなど、都度確認をしましょう。

 

新聞や雑誌、マンガの定期購入をやめる

雑誌や週刊誌など定期購入やを利用している場合は、本当に必要か、代替できる方法はないのかいま一度検討し直しましょう。

新聞も、紙面でなければいけない限り、インターネットで代用できたり、デジタル版で安く利用できる場合もあります。

節約でやりがちな失敗例

節約金額を視える化しない

固定費を見直した時「〇〇円安くなった!」と嬉しくなりますが、その浮いたお金を別に管理している人は少ないでしょう。

節約できたら、貯金箱に入れたり、積み立てに回したり、節約分の口座に入れるなど、節約を視える化することで継続しやすくなります。

 

 月の目標金額を決めていない

節約をはじめるときに陥りやすいのが、具体的な目標を決めないまま、可能な限り切り詰めるという節約方法です。

目標を定めないと、疲れてしまったらリバウンドのように爆発し、衝動買いや無駄遣いに走ってしまう人が多いようです。

 

頑張りすぎて辛くなる

節約を続ける上で大切なのは楽しむことです。あまりストイックになると、頑張りすぎた反動で大出費になるなど逆効果になる可能性があります。

お金が貯まる人は無理な節約をしません。自分に合わないものは切り捨てながら、余裕を持った自分に合う節約スタイルを見つけてましょう。

 

ケチりすぎない

家族に節約を強要しすぎたり、生活が不便になるほど制限するのは、精神衛生上、幸せに暮らすことはできません。

無駄を省くことは心がけなければいけませんが、ケチの領域になると本末転倒になります。メリハリを楽しめるように工夫していきましょう。

 

節約のためにお金を使う

節約中によくありがちなのが、特売で安いものを大量に買ったり、節約グッズをいくつも買ったりなど、節約のためにお金を使うという行動です。

節約とは本来、出費を抑えることにありますので、本当に節約のためになるのかを吟味する必要があります。

 

安い食材だらけの食卓

節約術として、安い食材だけでいかに食費を切り詰めるかという方法がありますが、食事は生活する上で楽しみの一つですのでおすすめしません。

人間の身体は食べるもので構成されますので、食費の節約は、無駄をしないことを心がけることで、食べる楽しみは大事にしましょう。

節約中でも心は豊かに!

今回は、楽しく節約を続けるために、節約自体を楽しむコツや、おすすめ節約方法をご紹介しました。

節約は、やみくもに頑張ればいいというものではありません。いかに心豊かな状態をキープしつつ楽めるかがポイントになります。

当サイトでは、家計全般の節約に関して無料相談を受付中です。まずはチャットなどでお気軽にお問合せください!

おすすめ記事

メール
せつ子の節約チャット
LINEでカンタン相談

節子の節約チャット